応募する前に絶対チェック!女性がバレンタインナイトで読まれたいメッセージとは?

バレンタインナイトはショーの途中や最後に応募者からのメッセージを表示してくれるイベントがありますよね。

もちろん必ず読まれるとは限りませんが、どうせなら読まれることを念頭に、素敵なメッセージを彼女に送ってあげましょう。

世の中の女性はどんなメッセージだと喜んでくれるのか?

今回は、バレンタインナイトで読まれると嬉しいメッセージ例をご紹介します。

普段言ってないのなら尚更!感謝の気持ち

奥さんであれば「いつも嫌な顔せずに毎日家事を一生懸命してくれてありがとう」「仕事と家事を両立してくれてありがとう」。

彼女であれば「僕と付き合ってくれてありがとう」「いつも僕のわがままを聞いてくれてありがとう」。

家族であれば「いつも僕の事を第一に考えてくれ、好きなことをさせてくれてありがとう。」というように、普段からでも言えるような感謝の気持ちでも、バレンタインナイトを使用して普段よりも感謝の気持ちを改めて相手に伝えることで忘れられない日になります。

相手に感謝の気持ちはあるけれど、恥ずかしくて普段中々面と向かって相手に伝えられていない人は、バレンタインナイトで感謝の気持ちを伝えることをオススメします。

いつも我慢させて「ごめんね」の気持ち

仕事が忙しくて「中々ゆっくり家に居られない」という方にはとてもおススメです。

「いつも家に1人で居させちゃってごめんなさい」「パパの仕事が忙しくて中々遊んであげられずにごめんね」「単身赴任という仕事で、月に1度位しか家に帰れなくてごめんね」といった「ごめんね」の気持ちを大切な人に伝えると良いでしょう。

ですが、「あの時プリンを黙って食べちゃってごめんなさい」や、「ケンカした時に暴言を吐いてしまいごめんなさい」というようなマイナスな「ごめんなさい」ではほっこりした気持ちにはなれません。

日頃口にはしないけれど、我慢させちゃっているような「ごめんなさい」を相手に伝えることで「気づいてたんだ…」と相手は感じて嬉しい気持ちになります。

嬉しいお知らせをサプライズで!

仕事で偉くなった場合や、資格を取得した時などといった嬉しいお知らせをサプライズで大切な人にバレンタインナイトのメッセージで伝えるとより喜んでもらえます。

「サプライズ」という所で喜びと嬉しさが混じり、それ以上に「嬉しいお知らせ」なのでよりびっくりしてくれること間違いなしです。