バレンタインは渡す何日前に作るべきなの?手作りチョコの保管期限はこのくらい!

焼いたケーキ類は1~2日前に作る

パウンドケーキやマフィン、フォンダンショコラ、ガトーショコラといったケーキ類はバレンタインの1~2日前に作ることがベストです。

特にパウンドケーキやマフィンは常温保存が可能ですし、手作りした当日に食べるよりも寝かせたほうが美味しさが増します。

フォンダンショコラやガトーショコラも、これくらいの期間であれば常温保存が可能ですが、できれば冷蔵しておいたほうが無難です。

ホイップなどで加工する予定がある場合には、この段階では加工せず、プレゼントする当日まで原型のままで保管しておきましょう。

また、生チョコやトリュフチョコといった繊細なチョコレート類を手作りする場合にも、ケーキ類と同じくバレンタインの1~2日前に作ることがおすすめです。

生菓子は当日に作るのがベスト

ホイップクリームを使ったり、フルールをふんだんに使用するようなお菓子を手作りする場合には、バレンタインの何日前という話ではなく、当日に作ることがベストです。

一般の家庭で生のケーキを手作りする場合には、ケーキ屋さんで買うようなケーキよりも腐りやすい場合があり、冷蔵庫で保管しても当日までに傷んでしまう恐れがあります。

フルーツなどは特に変色しやすく、食べる気が起きないような見た目になってしまうこともありますから、生菓子は手渡しする当日に作ることをおすすめします。

どうしても時間的な余裕が無いという場合には、彼氏と一緒にケーキを作ってみても良いのではないでしょうか。

どちらかの自宅に材料を持ち込んで作ったり、キッチン付きのレンタルルームを借りて一緒にケーキ作りをすれば、忘れられない特別なバレンタインにできるはずです。

バレンタインの準備は念入りに!

当然ですが、作るチョコの種類によって、賞味期限は変わってきます。

しっかり火を通すのか、あるいは生の状態で渡すことになるのかよく考えましょう。

急なアクシデントにも対応できるように、準備は念入りに行ってくださいね。