バレンタインは渡す何日前に作るべきなの?手作りチョコの保管期限はこのくらい!

バレンタインを手作りする方は、材料の購入から料理まで、準備が大切です。

渡す当日だけ頑張れば良いというわけではなく、事前にチョコを作ってラッピングしたりと大変ですよね。

ではいったい、手作りスイーツはどのくらい保管できるのでしょうか?

今回は、バレンタインの何日前から作るべきかご紹介します。

アクシデントを計算に含む

バレンタインを手作りする際には、アクシデントが発生することを計算に含んだ上で何日前に作るかを決めておきましょう。

普段から料理をすることが多く、慣れている女性だとしても、お菓子作りとなると特別ですから、手作りしている最中に何らかのアクシデントが起こる場合があります。

前日の夜に手作りをしていて、材料が足りないことに気付いてしまっても、お店が開いていなければ予定していたお菓子を作ることができなくなってしまいます。

なかなか上手く作ることができず、やり直したいと思ったとしても残り時間が限られてしまっていては妥協した品を渡さざるを得なくなってしまいます。

どんなアクシデントが起きても対応できるだけの余裕を持って手作りすることが、バレンタインを手作りする上で最も重要となります。

クッキーや簡単なチョコは4~5日前程度に作って構わない

手作りしたあとに風味が落ちてしまったり、腐ることがないクッキーやチョコなどのお菓子であれば、バレンタインの4~5日前には作っておいて構いません。

それだけの時間の余裕があれば、出来栄えに納得がいかない場合には作り直すこともできまずし、量が足りないことに気付いても追加で作ることができます。

クッキーであれば常温で保管することができますし、チョコレートをかけたり、アイシングクッキーに加工したとしても数日程度であれば極端に味が落ちることがありません。

また、作った後の大きさを見計らってからラッピング用のグッズを購入しに行くこともできます。

そういった事情を踏まえれば、クッキーや簡単なチョコはバレンタインの直前に作るよりも、4~5日前程度に作っておくほうが良いでしょう。