バレンタインは渡す何日前に作るべきなの?手作りチョコの保管期限はこのくらい!

バレンタインを手作りする方は、材料の購入から料理まで、準備が大切です。

渡す当日だけ頑張れば良いというわけではなく、事前にチョコを作ってラッピングしたりと大変ですよね。

ではいったい、手作りスイーツはどのくらい保管できるのでしょうか?

今回は、バレンタインの何日前から作るべきかご紹介します。

スポンサーリンク

アクシデントを計算に含む

バレンタインを手作りする際には、アクシデントが発生することを計算に含んだ上で何日前に作るかを決めておきましょう。

普段から料理をすることが多く、慣れている女性だとしても、お菓子作りとなると特別ですから、手作りしている最中に何らかのアクシデントが起こる場合があります。

前日の夜に手作りをしていて、材料が足りないことに気付いてしまっても、お店が開いていなければ予定していたお菓子を作ることができなくなってしまいます。

なかなか上手く作ることができず、やり直したいと思ったとしても残り時間が限られてしまっていては妥協した品を渡さざるを得なくなってしまいます。

どんなアクシデントが起きても対応できるだけの余裕を持って手作りすることが、バレンタインを手作りする上で最も重要となります。

クッキーや簡単なチョコは4~5日前程度に作って構わない

手作りしたあとに風味が落ちてしまったり、腐ることがないクッキーやチョコなどのお菓子であれば、バレンタインの4~5日前には作っておいて構いません。

それだけの時間の余裕があれば、出来栄えに納得がいかない場合には作り直すこともできまずし、量が足りないことに気付いても追加で作ることができます。

クッキーであれば常温で保管することができますし、チョコレートをかけたり、アイシングクッキーに加工したとしても数日程度であれば極端に味が落ちることがありません。

また、作った後の大きさを見計らってからラッピング用のグッズを購入しに行くこともできます。

そういった事情を踏まえれば、クッキーや簡単なチョコはバレンタインの直前に作るよりも、4~5日前程度に作っておくほうが良いでしょう。

スポンサーリンク

焼いたケーキ類は1~2日前に作る

パウンドケーキやマフィン、フォンダンショコラ、ガトーショコラといったケーキ類はバレンタインの1~2日前に作ることがベストです。

特にパウンドケーキやマフィンは常温保存が可能ですし、手作りした当日に食べるよりも寝かせたほうが美味しさが増します。

フォンダンショコラやガトーショコラも、これくらいの期間であれば常温保存が可能ですが、できれば冷蔵しておいたほうが無難です。

ホイップなどで加工する予定がある場合には、この段階では加工せず、プレゼントする当日まで原型のままで保管しておきましょう。

また、生チョコやトリュフチョコといった繊細なチョコレート類を手作りする場合にも、ケーキ類と同じくバレンタインの1~2日前に作ることがおすすめです。

生菓子は当日に作るのがベスト

ホイップクリームを使ったり、フルールをふんだんに使用するようなお菓子を手作りする場合には、バレンタインの何日前という話ではなく、当日に作ることがベストです。

一般の家庭で生のケーキを手作りする場合には、ケーキ屋さんで買うようなケーキよりも腐りやすい場合があり、冷蔵庫で保管しても当日までに傷んでしまう恐れがあります。

フルーツなどは特に変色しやすく、食べる気が起きないような見た目になってしまうこともありますから、生菓子は手渡しする当日に作ることをおすすめします。

どうしても時間的な余裕が無いという場合には、彼氏と一緒にケーキを作ってみても良いのではないでしょうか。

どちらかの自宅に材料を持ち込んで作ったり、キッチン付きのレンタルルームを借りて一緒にケーキ作りをすれば、忘れられない特別なバレンタインにできるはずです。

バレンタインの準備は念入りに!

当然ですが、作るチョコの種類によって、賞味期限は変わってきます。

しっかり火を通すのか、あるいは生の状態で渡すことになるのかよく考えましょう。

急なアクシデントにも対応できるように、準備は念入りに行ってくださいね。