手作りだって大丈夫!遠距離恋愛中の彼にバレンタインチョコを送るときのポイント!

遠距離恋愛中の彼氏にバレンタインチョコを渡すのは、直接会うことは不可能です。

2017年のバレンタインは平日。

ただでさえ距離があるのに、そう簡単には会えませんよね。

でも、チョコだったら贈ることができますよ。

そこで今回は、遠距離恋愛中の彼に手作りチョコを贈るときの注意やポイントをご紹介します。

チョコ作りから注意!腐りにくいものを作る

遠距離恋愛中の彼氏の行動パターンを確実に掴むということは不可能です。

食事のサイクルやペース、そして生活習慣など、把握しきっているつもりでも実際には思い描いているリズムと異なる場合があります。

作ってから数日以内に間食しなければならないバレンタインのお菓子を手作りしてしまうと、配送の時間を加えると彼氏に与えられた賞味期限はわずか数時間になってしまいます。

到着してからすぐに食べきることができれば良いのですが、そうとも限らないわけですから、なるべく腐りにくく日持ちする品を手作りしましょう。

生ものやフルーツは極力避け、制作の過程で必ず一度は過熱するお菓子を手作りすれば、彼氏を苦しませずに美味しく食べてもらうことが可能です。

郵送途中に崩れにくいものを作る

遠距離恋愛中の彼氏にバレンタインのプレゼントを作るということで気合いが入り、なるべくゴージャスなお菓子を作りたいという気持ちはよくわかります。

しかし、あまりにも派手で繊細なお菓子を手つくりしてしまうと、配送の過程で崩れてグチャグチャになってしまったり、割れてしまって台無しになるリスクが高まります。

手作りのバレンタインを送ってくれたというだけでも男性は充分に満足しますから、お菓子を配送する場合にはなるべくシンプルに作ることを心がけましょう。

例えば二段、三段構えのようなお菓子を作ってしまうと、そのままの形で彼氏の元に届く可能性は限りなく少ないと言えます。

どうしても壊れやすい品をプレゼントしたいという場合には、緩衝材をたっぷり詰めた箱にラッピングした上で送ってください。