大人になったら控えるべき?バレンタインで手作りチョコを渡してもいいのは何歳まで?

バレンタインのチョコですが、小さい子が作っているのは真剣さも伝わって可愛いですよね。

中学生や高校生も、学校で手作りチョコを交換しています。

では、いったい手作りチョコが許される年齢は何歳までなのでしょうか?

大学生、社会人の方は要チェックです!

スポンサーリンク

社会人になったら手作りはやめた方が無難

バレンタインに手作りチョコレートなどを作ることはもはや定番となっていますが、大人になったら市販のものを配った方が無難な場合もあります。

手作りから市販のものへ切り替える時期としては、学校を卒業して社会人になった時です。

いままで、手作りチョコレートを友達などに配っていた人も、会社に入れば手作り品を配ることが失礼に当たる場合もあります。

手作り品は、手が込んでいると喜んでくれる人もいますが、中には衛生面などを気にして嫌がる人もいます。

会社に入ると自分よりも目上の人がたくさんいます。

そのため、すべての人に喜んでもらえて失礼にならないように手作り品を配るより市販のチョコレートを配った方が無難と言えるでしょう。

味に自信があれば何歳になっても手作りでOK

バレンタインの手作りチョコレートは社会人になったら避けた方が無難であると言えますが、腕前に自信がある場合はこの限りではありません。

本当においしく作れているチョコレートやケーキなどは、いくつになって配ってもとても喜ばれるものです。

また、見た目も重要でまるでお店で売られているように綺麗にできているチョコレートで、ラッピングなどもかわいらしく美しいものは見た目にも衛生的にも見えます。

衛生面を気にして手作り品を躊躇してしまう人でも、美しく作られていておいしいくできているものは食欲をそそられるものです。

いくつになっても、腕前に自信のある人はバレンタインに手作りチョコレートやケーキを配るのもありと言えます。

スポンサーリンク

小学生は親と一緒にクッキングで楽しもう

子供の頃、お母さんと一緒にバレンタインのために、学校の友達やお父さんへチョコレートを手作りした人も多いでしょう。

バレンタインのチョコレートやケーキ作りというのは基本的に包丁などを使うことが少なく、子供でもお手伝いがしやすいものです。

お手伝いができる年頃になったらバレンタインのためにお母さんと一緒にチョコレートを手作りしたいものです。

おすすめのレシピは、動物やハートなどの型を使って作るチョコレートです。

チョコレートを砕いて湯煎をして、かわいい型に流し込むだけでとってもかわいらしいチョコレートの出来上がりです。

ラッピングにもこだわって、デコレーションすればもらった男の子たちやお父さんも喜ぶこと間違いなしです。

中高生は手作りチョコ交換が恒例行事

バレンタインに手作りチョコレートをつくるのが最も盛んな時期と言えば、中高生の時でしょう。

中高生は、バレンタインの日には必ずと言っていいほどみんなで手作りチョコレートやケーキを持ち寄って交換会をします。

友達がみんな作ってくるので、自分も作らなくては!という人も多いでしょう。

この時期は友達がみな手作りする時期なので、是非手作りをして料理の腕前を磨くのがおすすめです。

多少、失敗してしまったチョコレートを配ったとしても、友達も同じように失敗したものを配っていることが多いので、気を使う必要もありません。

この時期に腕前を磨いておけば、大人になってからも上手に作ることができます。

好きな男性に渡すときも素敵なプレゼントができるでしょう。

周りの雰囲気をきちんと確認しよう

手作りチョコは、高校生までは間違いなく大丈夫です。

しかし、大学生、社会人になると手作りチョコに対する反応が変わってくることに気付くでしょう。

周りの雰囲気をよく見極めることが大切です。