バレンタインで付き合ってもない女子からの手作りは引く?男性の本音はコレだ!

バレンタインで手作りチョコを作るかどうか悩んでいる最大の理由は、「彼に引かれないか」ですよね。

「手作りなんか重い」「彼女でもないのに何様?」と思われないか、不安に思っていると思います。

でも本当に男性は、手作りを嫌がっているのでしょうか?

手作りチョコに対する男性の本音をご紹介します。

スポンサーリンク

ネットに惑わされないで!引く男性は少数派

バレンタインで手作りのお菓子をプレゼントされたことで迷惑してしまったという男性の発言を聞いたり、ネット上で目にしてしまったという女性は少なくないでしょう。

ついつい気にしてしまいがちですが、手作りのお菓子をプレゼントされて引くという男性は少数派ですから、あまり深く考え込む必要はありません。

手作りのお菓子を貰うことで照れてしまう男性もおり、強がって迷惑そうな素振りを見せる男性もいますが、本心としては喜んでこっそり食べる男性がほとんどです。

学生はもちろん、社会人の男性でも手作りのお菓子には心がときめくものです。

男性の好みに合わせた味に仕上げられることも手作りならではのメリットですから、遠慮せずに手作りして真心を伝えましょう。

異物混入に注意!手作りをするなら清潔感が大事

バレンタインのお菓子を手作りでプレゼントする際に注意したいのは、何といっても清潔感です。

受け取った段階でいくら男性が喜んでくれたとしても、食べてみて不潔な印象を持たれてしまってはかえってマイナスになってしまいます。

具体的に気を付けるべきポイントとしては、爪と髪の毛です。

お菓子を作っている最中に爪が割れて混入してしまわないように、予め爪は短く切っておきましょう。

髪の毛はキャップをかぶったり、縛ったりしてなるべく落ちないように気を付け、お菓子の中だけではなく箱の中にも入らないように気を付けてください。

爪や髪の毛が中に入ってしまっていると、不衛生な環境で作っているのではないかと不安に感じ、男性が引くことがあります。

スポンサーリンク

不安に思うなら小さな品を手作りしよう

もしもバレンタインに手作りのお菓子をプレゼントして、男性が引くという状況を作ってしまわないかと心配なのであれば、小さな品を手作りしましょう。

例えばトリュフチョコやクッキーならば、個別に3~4個を包装することができますから、男性に手作りの重さを感じさせることがありません。

男性の好みがわからないという場合でも、量を最小限に止めておくことで苦手な品だとしても大量に無駄にさせてしまうことがなく、男性が遠慮せずに受け取ることができます。

チョコやクッキーなど複数の種類の手作りお菓子を詰め合わせにできることも、お菓子を小さく作るメリットです。

ついでに安く義理用のお菓子を大量生産することもできますから、一石二鳥でもあります。

男性との関係性も重要なポイント

手作りのバレンタインをプレゼントすることで、男性が引くか引かないかは、男性との関係性や男性のステータスにもよって異なってきます。

友達や恋人関係の一歩手前という状況であれば、手作りの品をプレゼントしても迷惑に思われてしまうことはまずありませんから、安心して手渡しできます。

一方で注意しておきたいのは、彼女を持っている男性や既に結婚している男性へのプレゼントです。

男性としては彼女や奥様に気を遣ってしまい、手作りの品は受け取りにくくなってしまったり、人によっては無神経だと感じられてしまう恐れがあります。

また、最近フラれてしまった男性にバレンタインを機に再アタックを仕掛けようとすることもあまりおすすめはできません。

お互いのために、手作りの品を渡しても良い関係性の相手かどうかを今一度確認しておきましょう。

彼はあなたのことをどう思ってる?

手作りは気持ちが伝わりやすいです。

だからこそ、人によっては引いてしまう人もいいるかもしれませんが、「重い」かどうかは彼との関係性によります。

普段から仲が良いのなら、思い切って手作りするのもアリだと思いますよ。