バレンタインの手作りチョコを「汚い!」と思っている男子が増えている!その理由とは?

女子にとっては失礼な話ですが、バレンタインのチョコをもらっても素直に喜ぶことができない男性が増えています。

その理由は、手作りチョコを「汚い!」と思っているから。

なぜ男性はそう考えてしまうのでしょうか?

その理由や、男性から「汚い」と思われないポイントをご説明します。

潔癖症男子が増えているから

バレンタインに手作りチョコをもらってもなんだか汚く見えて食べる気がしないという男子が増えてきています。

これは、潔癖症の男子が増えているためです。

潔癖症の人は、自分以外の人が触ったものなどを嫌がる傾向にあります。

そのため、他人が料理したものは手垢がついているのではないかと汚らしく思えて食べることができないのです。

特に、ケーキやクッキーなどの焼いたお菓子は火が通っているのでまだ良いですが、生チョコレートなどは潔癖症男子には嫌がられる傾向にあります。

また、作っている最中の様子がわからないので、衛生的に作ったかどうかも気になるところです。

作っている途中に洗い物の洗剤が混入したり、トイレに行った後に洗っていない手で作っているのではないかなど妄想をしてしまう潔癖症男子は多いものです。

自分の信じている人の作ったものしか食べられないから

潔癖症というわけではないけれども、自分の母親や彼女など自分が信じている人以外の作ったものはなんだか食べる気がしないという男性もいます。

これは、母親や彼女というものは自分のテリトリーに入っている人たちなので、手料理を食べてもおいしいと感じることができます。

しかし、それ以外の人たちは自分のテリトリーの中に含まれていないため、赤の他人が作ったものを食べるときはどうしても躊躇してしまうのです。

ただし、自分の母親や彼女以外にも信じている人はいます。

それはプロのコックさんやとても料理上手な友人などです。

自分のテリトリーに入っている人ではありませんが、作る工程についてもプロとして自分が認めているため、手作りのものでも違和感なく食べることができるのです。

適当に作っている女子も多いことを知っているから

バレンタインには手作りチョコレートをとにかく渡さなければと思っている女子は多いです。