私は料理できないもん…!親が作ったバレンタインチョコを手作りだと嘘ついたらバレる?

作り時間がない、たとえ時間があってもお母さんみたいな美味しいお菓子なんて作れない。

だったらいっそ、お母さんに作ってもらえばいいんじゃ…?

と、ついつい思っちゃいますよね。

でも気になるのが、嘘ついたことがバレるのかどうか。

今回は、親が作ったチョコを手作りだと偽って渡すときの注意をご紹介します。

スポンサーリンク

嘘ついたって意外にもばれない!

バレンタインに好きな男性へ手作りチョコレートを渡したいけれど、料理には自信がないという女性も多いでしょう。

それならば料理上手な親が作ったものを自分が作ったと嘘をついて渡してしまえばよいのではと考える女性も少なくないでしょう。

しかし、万が一ばれたらどうしようと不安にもなるものです。

バレンタインで親が作ったものを渡すことは意外にもバレる可能性は少ないです。

もともと、お菓子作りは普通の料理と違い、あまり他人に作っているところを披露する機会がないため、疑われることは少ないのです。

料理が苦手な人であっても、バレンタインは力を入れて作ればこのくらいのものは作れるのかな…と騙される男性は大多数です。

しかし、万が一バレた時は気まずくなることは間違いありません。

別にいいでしょ!?料理が苦手なら嘘もあり

本当に料理を作るのが苦手な女子は親が作った手作り品を男性に渡してしまうのもありです。

作るのが苦手であれば、市販のものを買ってきて男性に渡してしまえばよいのですが、男性から手作りが欲しいと言われ事もあるでしょう。

そんな時に料理ベタな女子は頭を悩ませるものです。

普段、料理なんてしないのにバレンタインのためだけに突然手作りチョコレートやケーキを作っても失敗する確率が高いでしょう。

失敗した手作り品を男性に渡すよりは、料理上手な親の作った手作りチョコレートを渡したほうがまだ良いという場合もあります。

親が手作りしたことがばれなければ万事オッケーなのです。

料理ベタを露呈して幻滅されるよりはまだ良いでしょう。

スポンサーリンク

あまりに手の込んだものは要注意

基本的には親が手作りしたものを男性に渡してもバレることは少ないですが、うっかりバレてしまう場合もあります。

それは、持ってきた手作り品があまりにも手の込んだものだった場合です。

とくに、彼氏の家などで料理が作ったことがあり、あまり料理上手でないことが彼に知られている場合は注意が必要です。

簡単に作ることのできるデコレーションチョコレートや生チョコレートなどは疑われる可能性が低いです。

しかし、ケーキやクッキーなどオーブンを使って焼いた手作り品は、「本当に自分で作ったの?」と疑われる可能性があります。

見た目が適度に不格好であれば、頑張って作ってきてくれたんだなと思われるかもしれません。

しかし、お店で売られているほどの仕上がりになってしまうのは避けた方がよいでしょう。

自信がなくても本命の男性には自分で作ったものを

自分が作ったか親が作ったかなんて実際にはわからないし、おいしいものが渡せるのであれば親の作ったものを渡せばいいのではと考える人もいるでしょう。

しかし、本命の男性に対しては、できれば自分で手作りをして渡した方が望ましいと言えます。

なぜなら、自分で作ったほうが、渡す手作り品に対していろいろな話ができるからです。

「ここの作り方が大変だったの。」「ちょっと砂糖を入れすぎたかも…」など自分が苦労して作ったという話もできます。

しかし、親が作ったものを持ってきては、渡すだけで何もエピソードが出てこず、話も盛り上がりにかけてしまいます。

何より、本命の男性に嘘をつくことは良心が痛む人も多いでしょう。

本当に好きな男性に渡すときは嘘をつかずに自分で手作りするか市販のものを買うべきだと言えます。

意外とバレないから大丈夫!

親が作ったって、もらった人は作る姿を見ていませんから、意外とバレないものです。

ただし、親のチョコを嘘ついて渡すのですから、罪悪感が顔に出ないようにしないといけませんね。

渡すときは堂々と渡しましょう。