私は料理できないもん…!親が作ったバレンタインチョコを手作りだと嘘ついたらバレる?

作り時間がない、たとえ時間があってもお母さんみたいな美味しいお菓子なんて作れない。

だったらいっそ、お母さんに作ってもらえばいいんじゃ…?

と、ついつい思っちゃいますよね。

でも気になるのが、嘘ついたことがバレるのかどうか。

今回は、親が作ったチョコを手作りだと偽って渡すときの注意をご紹介します。

嘘ついたって意外にもばれない!

バレンタインに好きな男性へ手作りチョコレートを渡したいけれど、料理には自信がないという女性も多いでしょう。

それならば料理上手な親が作ったものを自分が作ったと嘘をついて渡してしまえばよいのではと考える女性も少なくないでしょう。

しかし、万が一ばれたらどうしようと不安にもなるものです。

バレンタインで親が作ったものを渡すことは意外にもバレる可能性は少ないです。

もともと、お菓子作りは普通の料理と違い、あまり他人に作っているところを披露する機会がないため、疑われることは少ないのです。

料理が苦手な人であっても、バレンタインは力を入れて作ればこのくらいのものは作れるのかな…と騙される男性は大多数です。

しかし、万が一バレた時は気まずくなることは間違いありません。

別にいいでしょ!?料理が苦手なら嘘もあり

本当に料理を作るのが苦手な女子は親が作った手作り品を男性に渡してしまうのもありです。

作るのが苦手であれば、市販のものを買ってきて男性に渡してしまえばよいのですが、男性から手作りが欲しいと言われ事もあるでしょう。

そんな時に料理ベタな女子は頭を悩ませるものです。

普段、料理なんてしないのにバレンタインのためだけに突然手作りチョコレートやケーキを作っても失敗する確率が高いでしょう。

失敗した手作り品を男性に渡すよりは、料理上手な親の作った手作りチョコレートを渡したほうがまだ良いという場合もあります。

親が手作りしたことがばれなければ万事オッケーなのです。

料理ベタを露呈して幻滅されるよりはまだ良いでしょう。