バレンタインに贈りたい!簡単に手作りできて安上がりな美味しいチョコたち4選

たくさんの義理チョコ、友チョコを用意していると、気になるのがお金ですよね。

お小遣いの範囲では収まらなくて、とっておいたお年玉を使うことになる女の子だっています。

できるだけ安くバレンタインを楽しむたいというのは、誰もが思っている本音なのではないでしょうか?

今回は、安くて美味しいバレンタインチョコをご紹介します。

スポンサーリンク

すぐ出来るあっという間生チョコ

お店で買うととても高くて高級な味がする「生チョコ」ですが、実は簡単にお家で手作り出来ちゃうって知っていましたか。

その上材料費もとっても安くて済むんです。

どこでも手に入る生クリームと板チョコ、仕上げにココアパウダーやパウダーシュガーを使いますよ。

材料も少ないので気軽に作れて大満足なお味です。

メインとなる板チョコは100円以下のものを3~4枚ほど用意して下さいね。

まず、板チョコは細かく包丁で刻んでおきます。

次に、鍋に生クリームを1パック(200ml)入れて沸騰する直前まで火にかけます。

この時に生クリームは焦がさないように、沸騰させないように気をつけて下さいね。

生クリームの準備が出来たら、先に刻んでおいた板チョコをボウルに入れて、生クリームを注ぎます。

へらなどでゆっくりと混ぜ合わせてチョコを溶かし、あら熱が取れたら平らなタッパーやバットなどに移して、冷蔵庫でしっかりと冷やし固めます。

チョコが固まったら、適当な大きさに包丁で切って、ココアパウダーやパウダーシュガーを振り掛ければ完成です。

500円ほどと安上がりなのに、味は最高に美味しくてバレンタインにはぴったりですよ。

ザクザク食感が楽しいクッキーチョコ

バレンタインには友達用の友チョコや家族チョコ、そして自分用と、本命の彼以外にも大量に義理チョコを用意しますよね。

簡単なのに沢山作れて、しかも安上がりなザクザク食感チョコはそんな義理チョコにおススメです。

用意するのはお好きなクッキーと板チョコだけ。

まずは板チョコを包丁で細かく刻んでおきます。

続いて、クッキーを丈夫なビニール袋に入れて、手やスプーンの背などを使って細かく砕きます。

ザクザクの食感が好きな方は、大きめに砕いておくと良いですよ。

続いて、刻んでおいたチョコをボウルに入れ、別のボウルにお湯を張ってその上にチョコのボウルを重ねるようにして湯せんにかけます。

その状態でヘラを使って混ぜながらチョコをゆっくりと溶かします。

この時に1つだけ注意しなければいけない事は、チョコの中に水が入らないようにする事です。

途中で水が入ってしまうとチョコが分離してしまって溶けなくなってしまいますので気をつけて下さいね。

チョコが溶けたらボウルの中に砕いておいたクッキーを入れて、チョコとクッキーを混ぜ合わせます。

平らなバットの上に混ぜ合わせたチョコとクッキーを移して表面を平らにならし、冷蔵庫で1時間以上冷やし固めます。

固まったら包丁でカットすれば、ザクザク食感クッキーチョコの完成です。

安上がりだけど食感も楽しくて、初めての手作りチョコにもおススメですよ。

スポンサーリンク

アイデアで勝負なスプーンチョコ

少ない材料で出来るだけ安上がりにバレンタインチョコを手作りしたい方におススメなのが、アイデアが光るスプーンチョコです。

材料はお好きな板チョコとチョコを飾るためのチョコペンやアラザン、カラースプレーチョコなどです。

そして忘れてはいけないのがスプーン。

プラスチック製のカラフルなスプーンなら、見た目の華やかで楽しいですよ。
作り方はとっても簡単。

お好きなチョコを包丁で細かく刻んでボウルに入れておきます。

別のボウルにお湯を張ってその上にチョコのボウルを重ねるようにして湯せんにかけます。

チョコが完全に溶けたら、用意しておいたスプーンの先の部分にチョコをのせていきます。

ポイントは、スプーンが動かないようにしっかりと固定した状態でチョコを入れることです。

スプーンの先にチョコをすくったような感じでぷっくりと流し入れたら、こぼさないように注意してそのままの形で冷蔵庫で冷やします。

1時間ほどでチョコが固まったら、固まったチョコの部分にチョコペンで文字や模様を描いて飾ります。

アラザンやカラースプレーチョコで飾る場合には、チョコのあら熱が冷めたくらいのタイミングで飾りつけ、冷蔵庫で冷やします。

簡単に手作り出来るスプーンチョコですが、アレンジ次第でとっても楽しく喜んで頂けるチョコになりますよ。

可愛い見た目もポイントが高い花びらコーンフレークチョコ

朝食や軽食にも人気のあるコーンフレークを使って、可愛らしい簡単手作りお花チョコが作れますよ。

用意するのはコーンフレークと板チョコ、飾り付けようのアラザンやパウダーシュガーなど。
安上がりに出来てとっても可愛らしいので友チョコにもおススメです。

まずは板チョコを包丁で細かく刻み、湯せんで滑らかになるまで溶かしておきます。

そこへ、コーンフレークを適量入れてスプーンで混ぜ混ぜしながらコーンフレークにチョコを絡ませていきます。

この時コーンフレークの量が多すぎるとチョコが絡まりづらくなって、冷やした時に上手くくっつかなくなるので注意して下さいね。

シリコンカップやアルミカップなどにコーンフレークを花びらのように中心から外側に向かって広がるように形を整えて入れます。

中心部分に多めにぎゅっと詰めて、外側を少なくするとそれっぽく見えますよ。

そのまま冷蔵庫で冷やし固めてからパウダーシュガーなどで飾り付けたり、チョコが固まる前にアラザンなどを乗せて冷やし固めると可愛らしいお花チョコになります。

お花らしさを高めるためにはアラザンは中心部分に少しだけ乗せておくと良いですよ。

手作りで簡単に可愛らしいお花チョコが作れるなんて、驚きで嬉しいですよね。

安上がりなチョコだけど可愛いからOK

バレンタインに量産する人にとっても安上がりな手作りチョコは嬉しいポイント。

安いのに可愛いなんて反則ですよね。

気持ちや手間はたくさん込める分、代わりに安くチョコ作りをしましょう。