彼女欲しい人がこれだけは今すぐやるべきたった1つのこと

彼女が欲しいならこれだけは今すぐやっておいて欲しいということがあります。

やるべきことはたった1つで、とてもシンプルです。

モテない原因は全てこれにつきるといってもいいほどで、彼女が欲しい人はこれをやらないと一生モテないままでしょう。

それでは、一体なにをすればいいのか?

それは、「ステータス」を高めることです。

ステータスとは?

いきなりステータスというゲームのような単語がでてきましたが、それにほぼ近いものです。

ステータスとは直訳すると社会的地位とか身分とかそういった意味合いになるのですが、イメージとしてはRPGにおけるレベルのイメージに近いです。

レベルはあがれば上がるほど強くなりますが、恋愛においてもステータスが上がれば上がるほどモテます。

人間には種の保存という本能がありますが、男がいくらでも種を残せるのと違い、女性の場合は残せる種の数が決まっています。

そのため、女性はより強い遺伝子を残そうと男を選別するわけですが、自分よりステータスが低い男には惹かれないのです。

なぜなら、弱い遺伝子を残すことになってしまうからですよね。

そこで、彼女が欲しいなら向こうの方から寄ってくるようになるくらいステータスを高めるのが一番の近道なのですが、少し難しそうに思えますよね?

ステータスときいて高学歴や高収入だったり、偉い仕事についていたり、長身、イケメンなんかをイメージされたかもしれませんが、これはあまり重要な要素ではありません。

ステータスにおいて一番重要なのは、「セルフイメージ」です。

セルフイメージとは?

また新しい横文字がでてきたので戸惑ったかもしれませんが、セルフイメージというのは、自分自身が自分のことをどう思っているかということです。

言い換えれば、自分に自信がある人、自信がない人、こういった意味ですね。

恋愛において自信がない人はモテません。

逆に、自分に自信がある人はモテます。

女性からすると、自信がある人の方が強そうだし、守ってくれそうだし、将来有望そうだからです。

これが自信がない人の場合、女性からするとどのように見えるでしょうか?

答えはもう明白ですよね。

なので、彼女が欲しければ、「自分はすぐに彼女が作れる!楽勝!」と思い込んで自信んをつけることです。

セルフイメージを高めるとどうなる?

今回は抽象度高いのでもう少しセルフイメージについて掘り下げていきますが、別に怪しい話をしているわけではありません。

例えばをイメージしてもらいたいのですが、金持ちで高学歴な男の人がいたとします。

しかし、その男の人は恋愛に対しての自信がもてず、女性を目の前にするとブツブツ念仏のように一人言を早口でつぶやき、目はキョロキョロ、額からは滝のような汗、息遣いはハァハァいって荒くなっていて、両手を組んで指をくるくる回していつも落ち着かない様子で、その内に爪をガツガツと噛み始めました。

どうでしょうか?

こんな男、気持ち悪くて女性からは相手にされません。

これとは反対に、お金もなく、大した学歴もない男の人が、女性を目の前にしても堂々と振る舞い、常に女性をリードして、ロマンチックな雰囲気になったら「俺が一生守ってやるから側にいろよ」と女性の耳元でささやきます。

どうでしょうか?

一撃で女を落とせそうですよね。

ステータスとはこのように、高収入や高学歴といったものが决定的な要因ではなく、自分自信が思うセルフイメージが決定的要因になります。

セルフイメージを高めた典型の例がホストですね。

ナンバー1ホストほど自分に自信を持っていますし、女性からもモテます。

なので、彼女が欲しかったらまずはセルフイメージを高めて自信をもってください。

そうすると自然とステータスも上がっていきます。

セルフイメージの高め方

最後に、肝心なセルフイメージの高め方ですが、これは自分で思い込むだけなので、いつでもどこでも「俺はモテる!俺は彼女をすぐ作れる!」こう思い込むことです。

このときに、一番効果的なのは、これを誰かに宣言することです。

友達でもいいですし、ペットのねこちゃんでもかまいません。

人は、やることを宣言したほうが実行力が高まるからです。

もし、そんな人が周りにいないのであれば、鏡で自分をじっと見つめながら口に出したり、ペンを取り出して紙に書いて見える所にはっておくといいでしょう。

ちょっとあやしい気もするかもしれませんが、これをしばらく続けていると2週間くらいで本当に雰囲気が変わってくるので、騙されたとおもって試してみてください。

極めれば女性が次から次へとよってくるほどのモテ男に生まれ変わりますよ。