バレンタインでライバルに差をつける!簡単おしゃれラッピングのコツをご紹介!

バレンタインのラッピングといえば、ハートなどのピンクや赤が定番ですよね。

でもそれだと、モテモテの彼の心はゲットできないかもしれません。

この子は何か他の子と違う!と思ってもらうためには、他の子にはないセンスが必要とされるのです。

そこで今回は、バレンタインにおすすめのおしゃれラッピングのコツをご紹介します。

あえてカラーはシックなトーンで統一する

バレンタインのラッピングって中身のチョコレートと同様に女の子なら手抜きせず、気を遣いたいところですよね。

簡単でオシャレに見えるラッピングならライバルたちのチョコの中でもひときわ彼の目を引くはず。

バレンタインデーが近付くとデパートやスーパーなどで特設会場が設けられたりイベントスペースなどを使ってバレンタインチョコがずらりと陳列されますよね。

そういったチョコのほとんどが、赤やピンクなど情熱的なカラーのパッケージとなっています。

そこで、そういったチョコと差をつけるためにはお店のチョコであっても、手作りのチョコであってもなるべくラッピングはシックで格好良く統一することがおススメです。

男の人ってシャイなところがありますよね。

ですから、赤やピンクのような「いかにも」なチョコよりも、モノトーンやダークブラウン、ブラックなどのシックで深みのあるラッピングのチョコを手渡された方が、安心して受け取ってもらえますよ。

クシャクシャ手触りで印象付ける

手作りのチョコレートって受け取ってもらった時にどんな風に思われるのか、気になるところですよね。

大好きな彼に受け取ってもらう時に、おしゃれであることはもちろん、意外性も一緒に感じてもらえたら嬉しいですよね。

そこで、とても簡単なのに手作りチョコレートが一気におしゃれにみえるラッピングでおススメなのが、クシャクシャ素材で手触りを楽しんでもらうこと。

綺麗に包まれたチョコも良いけれど、一度包装紙をクシャクシャに丸めてから、あえてシワを作る方法は、すぐに出来ておしゃれに見えますよ。

あわせるリボンもツルツルとした素材ではなく、麻紐やビンテージ風のマスキングテープ等をあわせるととってもハイセンスなチョコレートに見えますよ。

チラ見え効果で期待度アップ

バレンタインデーって、どんな男性でもやっぱり少しは意識してしまうものですよね。