ただ甘いだけはつまらない!?男性に好印象な手作りバレンタインチョコってどんなもの?

手作りバレンタインを考えているあなた。

ただただレシピ通りに作っていては、モテの道から逸れてしまいますよ。

男性に好印象を持ってもらうためには、ちょっとした工夫が大切なのです。

そこで今回は、男性に評判の良い手作りバレンタインチョコアイデアをご紹介します。

スポンサーリンク

甘さの中にもアクセントを入れる

男性の中には、甘いだけのチョコレートは苦手という人もいます。

甘いチョコレートは、とても美味しいのですが、あらかじめ好きな男性が甘いだけのチョコレートが苦手情報を得ていれば、少しアクセントのある手作りチョコレートを作るのがいいですね。

例えば、チョコレートの中には、ナッツやアーモンドを入れるというのもいいですね。

中に何かを入れると、見た目にはわかりませんよね。

しかし噛んだ時にあれ?と思うのですね。

またチョコレートは、少しねっとりした食感がありますが、ナッツが入るとカリッとした食感となり、食べた時に驚きもあるのですね。

そのため想像とは違うチョコレートにドキッとするのです。

食べやすさもあるので、男性にも人気があります。

チョコの詰め合わせに生チョコは欠かせない

バレンタインのチョコレートの中で、手作りの難易度をが高いのが生チョコではないでしょうか。また群を抜いて美味しさが味わえるのも生チョコです。

生チョコというのは、見てすぐにわかりますね。

ほかのチョコレートとは質感も見た目の全く違うので、「あっ生チョコだ!」とわかるのですね。

そんな生チョコは男性にも人気があることは間違いありません。

しかし女性にとってはとても難しいものの1つ。

もしかすると何回も失敗を繰り返すものかもしれません。

そのため詰め合わせの生チョコを作る時には、早めに取り掛かることが大切です。

ほかのチョコレートは直前にすることになっても、生チョコは早く取り掛かり、もしも失敗した時に備えて余裕を持って材料も準備しておきましょう。

スポンサーリンク

トリュフは定番の手作りチョコレート

トリュフは、フランス料理で用いられるトリュフに良く似ていることから、つけられた名前です。

食べてみるとチョコが2層になっていることがわかります。

まず中心には、ガナッシュチョコを丸めた物が入っています。

その周りをチョコでコーティングしたものを言います。

しかし最近ではチョコでコーティングしていなくてもトリュフと呼ばれることもあるのですね。

またチョコの周りにパウダーシュガーをつけたりココナッツシュガーで覆ったものもあります。

いろいろなアレンジ方法があるので、手作りのチョコレートの詰め合わせの中にトリュフを用いると隙間が埋められること間違いなしです。

もしも詰める物に困った時には、トリュフを第一選択にしてみるといいです。

ガトーショコラは異色?

ガトーショコラを詰め合わせに入れてみるのも面白いですよ。

なぜなら、通常はガトーショコラはその単体でプレゼントすることが多いからなのです。

ガトーショコラというのは、チョコレートケーキのようなものです。

メレンゲを使っているので、ブラウニーよりは少し柔らかい食感です。

また中はしっとり、ふんわりで通常のチョコレートとは全く違った食感なのですね。

そのためチョコレートの中に、ふんわりしたガトーショコラを入れてみると面白いですよね。

またガトーショコラというのは、いろいろな形に着ることもできます。

もしも詰め合わせの容器が小さいとしても、その形に合わせ、切り合わせることが出来るのです。

そのためチョコレートの中に混ぜてみると面白いものの1つです。

アレンジチョコで刺激的に!

王道チョコも捨てがたいですが、それをアレンジしたチョコレートはさらに男性を喜ばせます。

美味しさと驚きを与えるチョコは刺激的なのです。

チョコを作るときにはぜひ参考にしてくださいね。