ちょっと待った!バレンタインに手作りチョコを渡す時には衛生面を今一度チェック!!

バレンタインに手作りを考えている人に気をつけてもらいたいことがあります。

それは、衛生面のチェック。

いくら2月で寒い時期だといって、食べ物を扱うのですから、衛生面に気をつけるにこしたことはありません。

今回は、事前に知っておきたい、手作りチョコの衛生面でのポイントをご紹介します。

スポンサーリンク

風邪やインフルの菌を入れないように

バレンタインで、手作りのチョコやケーキを渡そうと考えている女性は、まず一番に衛生に気を付けるべきです。

手作り系のものを渡そうとしている人は、まず作る際に徹底して手洗いをきちんとするように心掛けましょう。

バレンタインの時期は、まだ寒い季節で乾燥しており、風邪やインフルの菌が蔓延している時期です。

仮に手を洗わずにチョコやケーキを作ってしまうと、その菌が最終的には彼も元へ行ってしまい、手作りのものを口にしたことによって、最悪な思い出になることもあります。

受験を控えている男性や、これから新社会人となろうとしている男性、仕事を日々こなしている男性にとって、風邪やインフルは大敵です。

健康を阻害しないように、手作りのものを渡す時には、手洗いを十分にしてから作るようにしましょう。

絶対NG!異物を混入しないこと

彼に思いを届けたいという気持ちが強い人の中には、異物を混入してしまうことがあります。

チョコの中に彼に渡すアクセサリーを入れたり、手紙を入れたりと、食べ物以外のものを入れてしまうと衛生的には悪いです。

「ちゃんと買ったばかりのものを入れたから」とは言っても、人の手に触れているものでもあり、外気にも触れているため、100%衛星であるとは言えません。

手紙も、紙が破れて食べ物と一体化してしまったり、インクが滲み溶け出してしまう可能性だってあります。

手作りした食べ物を食べてもらいたいのなら、不衛生になるようなことはあえてしてはいけません。

渡したい物がある場合は、手作りのものにわざわざ入れて渡すのではなく、別で渡すようにしましょう。

スポンサーリンク

温度管理に気を付けること

バレンタインに手作りの物を渡すと言えば、チョコやケーキといった食べ物が多くなるでしょう。

中には一人暮らしの男性に向けてオリジナルのハンバーグや肉じゃがといった、家庭的な一面をアピールできるもので、尚且つ男性が食べやすい日常的な食べ物を贈る人もいるかもしれません。

ただこのような食べ物を贈る場合には、温度管理に配慮が必要です。

バレンタイン時期がいくら冬だと言っても、日によっては晴れて温度が高い日もあり、常温保存では衛星を保てないこともあります。

渡す前日に作った場合は、冷蔵庫で保管し、当日渡す日には保冷バッグなどに入れて移動すると良いです。

温度が高くなってしまうことで食べ物が腐ってしまったり菌が増えてしまうことのないように、渡すまでの温度管理は十分気を付けましょう。

相手の潔癖具合を調べておくこと

潔癖症とまではいかなくても、人が作ったもの、人が触ったものを口にすることができないという人もいます。

自分の中では「喜んでくれるはず」というテンションでいても、相手にとっては「汚い」と思われる贈り物だと、受け取ってくれたとしても食べてくれるかどうかは分かりません。

せっかく好きな男性に渡すバレンタインですから、食べてくれることまで意識したいもの。

その男性の潔癖具合を事前に把握しておくことで、手作りの物が良いか、それとも既製品の方が良いかを検討することができるでしょう。

私の周りでも、潔癖な男性が増えており、女性以上に清潔な男性が多くなっています。

自分が潔癖な女性だったらと考えて、どうされれば嬉しいのか、どんなものなら口にするのか想像しながら用意すると、衛生的で好印象なバレンタインになるでしょう。

衛生管理は絶対必要!

作った人はあまり気にしていなくても、チョコを受け取った側は作る過程を見ていませんから、衛生面は気になるポイントです。

彼に不安を与えないように、衛生管理はしっかりと行いましょう。

また、手作りを嫌がる人もいますので、そのときは素直に市販チョコを贈るのが賢明です。