彼氏が甘いもの苦手…!バレンタインに手作りできる甘くないスイーツは何がある?

彼氏が甘いものが苦手だと分かっているのに、バレンタインだからという理由でチョコを渡すのはよくないです。

彼女なのに、ぜんぜん俺のこと理解してくれない!とケンカを招いてしまいがち。

そこで今回は、甘いものが苦手な彼でも食べることができるバレンタインスイーツをご紹介します。

甘さは控えめに、愛はたっぷりと作りましょう。

スポンサーリンク

華やかでかわいい!マシュマロ(ギモーヴ)

バレンタインらしい華やかさがありつつ、チョコレートほど甘くないスイーツならマシュマロがおすすめです。

ギモーウと呼ばれ、お洒落なイメージもあります。

手作りならばハート型や色など、世界で一つのマシュマロを作ることができますし、きっと彼も喜んでくれるでしょう。

マシュマロがそこまで甘いというイメージはないので、甘いのが苦手な彼でも、もらった時に「甘いのが苦手だから気を使ってくれたのかな」と感じてくれるでしょう。

チョコ以外のものである時点で「甘すぎる」という感じになりません。

「バレンタインならチョコ」というイメージが古く感じられるぐらいお洒落なバレンタインプレゼンチになるでしょう。

さらに砂糖の量をおさえてみれば甘さもおさえられるでしょう。

おうちで果物フォンデュを一緒に食べる

おうちでバレンタインを過ごせるのなら、その場で手作りできるバレンタインスイーツにしてみましょう。

甘くないバレンタインスイーツなら果物を使ったものがおすすめです。

チョコレートフォンデュという形で、いろんな果物をカットして用意してあげましょう。

チョコをつけて食べてもいいですし、彼がチョコが苦手ならばそのまま彼はフルーツだけ食べてもいいでしょう。

フルーツも甘いものよりも酸味があるほうがチョコレートフォンデュと相性がいいでしょう。

普段、あまり男性は果物を食べないでしょうし、特に皮をむかなければいけない果物は口にする機会がないはずです。

ですから、リンゴやキウイ、オレンジなど、皮をむかなければ食べられないスイーツを選んでもいいですね。

また、チョコレートフォンデュにするチョコレートも甘くないビターなタイプを選びましょう。

スポンサーリンク

甘さをおさえたクッキーはアレンジ豊富!

甘くないバレンタインスイーツならチョコレートじゃないほうがいいでしょう。

いろんなスイーツがありますが、簡単に作れるクッキーはかなりおすすめです。

砂糖の分量を少なくすれば甘さもおさえられます。

せっかくクッキー自体の甘さをおさえるのですから、甘いトッピングをたくさんのせないように気をつけましょう。

華やかにしたいならドライフルーツなどやナッツ類がおすすめです。

また、華やかにするために、型を工夫して、シンプルになりすぎないようにすると、バレンタインらしいスペシャル感がだせるでしょう。

クッキーなのでチョコペンシルでハートやメッセージを書きたくなってしまうところですが、それは避けましょう。

チョコは使わないように気をつけましょう。

ポップコーンにビターなチョコがけ

しょっぱいものはあまり嫌いな人はいませんよね。

ポテトチップスのチョコがけが意外と人気があるように、甘じょっぱいものは相性がいいものです。

塩味のポップコーンに甘くないビターなチョコをかけてみると、バレンタインスイーツに早変わりします。

見た目もポップな感じで新鮮ですし、彼も「ポップコーンなら甘そうじゃないね」と食べてくれるでしょう。

チョコも「甘さをおさえたものにしたから」と一言添えてあげるといいでしょう。

また、ポップコーンにかけるチョコも全体にかけるのではなく、一部にちょこっとだけかけるだけでいいでしょう。

要するに、バレンタインらしさが出せればそれでいいのです。

ちょこっとだけのチョコならばポップコーン自体の味で甘さはそれほど感じないでしょう。

バレンタインっぽさを出そう

バレンタインっぽさを出しつつ、甘さを控えるのはそんなに大変ではありません。

ラッピングをバレンタインっぽくハートにしてみたり、いろいろと工夫できるところはあります。

彼氏と一緒に楽しいバレンタインを過ごしてくださいね。