糖質制限中の彼や甘いものが苦手な彼に!甘さ控えめの手作りバレンタインは何がいい?

最近は、男性も健康を気にして甘いものを控えるようになりましたね。

そして甘いものがダメだという男性もそれなりに多いです。

だからと言って、バレンタインに手作りスイーツをあげてはダメだということはありません。

甘さ控えめの手作りバレンタインスイーツをご紹介します。

スポンサーリンク

定番で簡単に作れるクッキー

バレンタインに手作りできて甘さ控えめのものは、クッキーになります。

チョコレートと同じくらい定番で作りやすいものといえます。

小麦粉を使ってこねたあと、生地を広げて、型を取って焼くだけです。

アレンジもしやすく砂糖を控えめにしたり、ハートの型にくりぬいたりある程度自分の好きなようにすることができます。

塩味をコーティングしたり、チーズ味にしたリ甘さを前面に出さない味も作ることが可能です。

一度にたくさん作ることもできることから、味見もできますし、味の変なものにならない安心感もあります。

いろいろな形にくりぬいてかわいらしい見た目にしましょう。

ラッピングもしやすいですし、一つ一つ別々の袋にしたり、リボンや袋をかわいらしいものを選ぶこともよいです。

ふっくらサクサクの仕上がり!スコーン

バレンタインに手作りできて甘さ控えめのものに、スコーンがあります。

生地が膨らむか不安なときは、ホットケーキミックスを使ってもよいです。

簡単にふっくらできて、サクサクした仕上がりとなります。

スイーツというより、サクサクしたお菓子という感じです。

一口サイズにしたものでもよいですが、生地を丸く広げた後、ケーキのように切ることがでますのでホールケーキのような見栄えになります。

立派な箱に入れると一瞬で豪華なものになります。

チョコレートが苦手なのなら、レーズンや紅茶の葉を混ぜて生地を作ってもよいです。

甘さではなく、生地のサクサクした香ばしい感じがおいしい味となったお菓子です。

甘いものが苦手な人にも食べやすい味となります。

スポンサーリンク

栄養抜群!カボチャのバウンドケーキ

バレンタインに手作りできる甘さ控えめのものとして、カボチャのバウンドケーキがあります。

こちらもホットケーキミックスを混ぜて、つぶしたカボチャと卵や砂糖などを入れながら、混ぜて焼くだけで完成します。

甘さが控えめが良いのなら砂糖の量を極力少なくして、カボチャ本来の味を楽しみます。

野菜本来の味を生かした、ほんのり甘いような仕上がりになりますので、砂糖を使いすぎず甘すぎる味にはなりません。

一人暮らしや仕事で忙しい男性は栄養が偏ってしまいますので、栄養度の高いカボチャを使ったスイーツはおすすめです。

ビタミンEが豊富で血流をよくしたり抗酸化作用がありますので、若返りの効果もあります。

黒ゴマなどを混ぜてもよいですし、栄養度が高いスイーツが出来上がります。

黄色が可愛い!さつまいものスイートポテト

バレンタインに手作りできる甘さ控えめのものとして、さつまいものスイートポテトがあります。

蒸したさつまいもを砕いて砂糖を混ぜて、生クリームなどを混ぜて型を作り、卵黄を塗ったあと焼きます。

砂糖は控えめにして生クリームを豆乳や牛乳に代用することも可能で、甘さ控えめで作ることができます。

さつまいも本来の甘さを生かしたほんのり甘い仕上がりとなります。

さつまいもは食物繊維が豊富で、栄養豊富なイモ類です。

一つ一つつまみやすい大きさに仕上げることもできますので、勉強や仕事の合間にも食べやすい大きさです。

プロが作ったスイートポテトと全く同じは難しいかもしれませんが、手作りした良さが出たおイモのスイーツになります。

材料にも工夫してみよう!

チョコレートを使うときは、ミルクチョコではなくブラックチョコを使うなど、工夫してみましょう。

きっと彼だって自分のために甘さ控えめに作ってくれたスイーツを喜んで食べてくれるはずです。

彼のハートをゲットしちゃいましょう。