男性ウケがいいのはどっち?バレンタインで手作りか既製品を決めるときのポイント!

バレンタインコーナーに行ってまず目に飛び込んでくるのは美味しそうな市販チョコの数々ですよね。

でもその横には製菓グッズも売っていて、どちらにしようかと悩んでしまうのではないでしょうか?

それを判断するときのコツは、どちらにするのか?ではなく、どちらが喜ぶか?です。

さっそく男性意見を見ていきましょう。

スポンサーリンク

付き合ってないなら既製品がいい

まだ付き合っていない状態、女性の片想いの状態でのバレンタインチョコなら手作りではなく既製品のほうがいいでしょう。

片思いの場合、相手の男性は女性のことをよく知らない場合があります。

女友達だとしても、付き合っていない状態なら既製品のほうが常識的です。

手作りというのはかなりハードルが高く、見知らぬ人や、なんとも思っていない相手が作ったものを口にいれるのにはかなり抵抗感を覚える男性が多いでしょう。

また、食べたくなくても、女性にあとから味の感想を求められると思うと食べなくてはいけず、プレッシャーになります。

相手の気持ちになってバレンタインチョコを渡す思いやりも大事です。

既製品ならば安心して相手も食べられますし感想も言いやすいのでおすすめです。

恋人同士なら手作りでも大丈夫

既に恋人同士ならば手作りのバレンタインチョコでも問題はないでしょう。

ただし、相手が極度の潔癖症で他人が作ったものを食べられない人ではない場合です。

たまにいるので彼氏が手作りのものを日頃から喜んで食べてくれるタイプかどうかは事前に把握しておきましょう。

手作りならば彼が好きなタイプのバレンタインスイーツを作ることもできますし、応用がききます。

甘いものが好きな男性はけっこう多いので、既製品のスイーツは食べなれている人も多いでしょう。

だからといって自分で手作りまでする男性はまだ少ないはずなので、手作りバレンタインスイーツはかなり喜んでくれるはずです。

普段、どういうスイーツを好んで食べているか恋人ならわかるはずなので、彼がより喜んでくれそうな手作りバレンタインスイーツを作ってみましょう。

スポンサーリンク

義理チョコなら既製品の方がいい

義理チョコを職場や男友達に渡すつもりなら、手作りより既製品のほうがいいでしょう。

手作りのほうが気持ちがこもっていて自分らしさが出せるし、たくさん作るなら安くあがる、というメリットはあります。

ですが、もらう方の身になると、義理チョコで手作りのものをもらうと困る人も多いでしょう。

義理なので当然恋愛感情がない相手の手作りスイーツです。

相手の身になって逆の立場で考えてみてください。

同僚の男性や男友達が手作りしたスイーツをもらって嬉しいでしょうか?

恋愛感情ではなくても好感をもてる相手からならいいかもしれませんが、必ずしもそういう相手ばかりではないでしょう。

なんとも思ってないただの同僚や男友達でも既製品のバレンタインチョコならお菓子として普通に喜んでくれるでしょう。

衛生面から考えて既製品のほうがいい

手作りのものをもらった場合、「手はちゃんと洗ったのかな」「異物は入ってないかな」など、気になってしまうことがあります。

完璧な衛生状態で作られたかどうかは調べようがないので、手作りバレンタインチョコそのものより、衛生面が気になって抵抗感を覚えてしまう男性もいるはずです。

季節的にもウイルス系がまだ気になる時期で、いまは餅つき大会が中止になるような時代です。

特に直接手で丸めて作るようなトリュフチョコなどは、「ちゃんと素手じゃなくてビニール手袋使ってやったのかな?」などと気になるでしょう。

昔はいまほど衛生面にみんな神経をとがらせていなかったので手作りチョコは喜ばれたでしょうが、時代が変わった今は、既製品のほうがもらった方は安心です。

手作りを嫌がる人はけっこう多い

手作りを嫌がる男性は実は意外と多いです。

ツイッターで異物混入チョコが話題になってからは、特に手作りチョコに対して警戒されるようになりました。

すでに付き合っている場合を除いて、彼に安心感を与えるには、既製品のほうがいいかもしれませんね。