「好き」とは限らない!?バレンタインに手作りチョコをあげることの意味は?

バレンタインに気になる女の子から手作りチョコをもらった!

これは俺のことを好きってことに違いない!

…と、うかれたくなるのも分かりますが、少し待ってください。

女子がバレンタインを手作りしている時は、いったいどのような気持ちでつくっているのでしょうか。

今回は、どういう理由で手作りチョコを作っているのかをご紹介します。

本命チョコだから!思いを込めやすい

バレンタインに手作りをする意味は、やはり思いを込めやすいということになります。

バレンタイン商戦ではさまざまな商品が発売されて、味がとてもおいしいもの、見た目が豪華できれいなものなどたくさん発売されていますが、既製品ですと買ったときにすでに出来上がっており、基本的に買って渡すだけです。

ある程度女性のセンスは問われますが、自分のあげたいものを100%満たしたものも見つからないかもしれません。

男性のことを思いながら作り完成するのも楽しいですし、もらってもらえたときのうれしさは既製品とは比べ物にはならないかもしれません。

おいしいなどと感想を言われたらもっとうれしいですし、作ってよかったと思えるはずです。

みんなに好かれたい!女子力アピール

バレンタインで手作りをする意味の一つに女子力アピールがあります。

やはり料理ができる女性は男性人気の鉄板です。

料理上手でないと、人にあげられるクオリティーのものを作ることができないと危惧して、それに手を出そうとしない傾向になります。

その時だけ冒険して作ることはできますが、結果のことを考えると、わざわざ失敗する想定を心配するなら、既製品を渡した方がずっと楽です。

それに代わって普段から料理をしている女性なら、簡単なチョコレートくらいなら、そこまで難しく感じないでしょう。

その差は、普段から料理をしているか、ということに分かれていますので、手作りチョコを渡すという行為は女性が料理上手ということが伝わりやすいです。

時間もお金も…手間をかけたいから

バレンタインで手作りを作る意味は、やはり少し手間がかかっていることが分かるようになります。