会社の人への義理チョコに手作りバレンタインはやめたほうがいい!その4つの理由とは?

バレンタインには義理チョコという、なんとも面倒な文化がありますよね。

そもそもあげるのか?あげないのか?そして、手作りか?市販か?という疑問があると思います。

しかしその中でやってはいけない選択肢が「手作りの義理チョコ」!

友チョコならば手作りでも大丈夫かもしれませんが、会社の人には市販にした方がいいかもしれませんよ。

4つの理由をご紹介します。

本命チョコと勘違いされるリスクがある

バレンタインで会社の人に手作りチョコを贈る際に想定されるリスクとして、「中には本命と勘違いする人がいるかもしれない」ということがあげられます。

市販の手ごろな価格のチョコであれば、たいてい「義理チョコだな」と思うでしょうが、手作りとなると、そうとも言い切れません。

会社の男性全員に、同じ体裁のチョコを贈った場合、手作りだとしても、多くの人は義理だと理解してくれるでしょう。

しかし中には、「手作りチョコ、イコール本命」と解釈してしまう人がいるかもしれないのです。

特に、自意識過剰なタイプや女性からあまりモテないタイプの男性は、そんなふうに勘違いするケースがる少なくありません。

「日ごろお世話になっている会社の人に贈るのだから、バレンタインは手作りにしよう」というだけの気持ちで手作りにしたものが、本命と思われてしまうリスクを想定すれば、手作りバレンタインは避けたほうがいいでしょう。

ホワイトデーの精神的負担をかけてしまう

手作りのバレンタインチョコに特別な印象を持つ男性が少なくありません。

前項のように本命と勘違いすることなく、義理チョコとわかってくれたとしても、会社の人に与える精神的負担は、市販品に比べて大きいと考えた方がいいでしょう。

会社の男性の中には、こんなふうに考える人もいるかもしれません。

「手作りでバレンタインのチョコをプレゼントしてくれたのだから、それなりのお返しをしないといけない」。

たとえば、スイーツづくりが趣味で、バレンタインチョコも趣味の一環として楽しみながら作ったとしても、会社の男性の中には、「わざわざ手作りするなんて、大変だっただろうな」と思う人もいるのです。

そのため、ホワイトデーのお返しに頭を悩ませるケースも少なくありません。

つまり、会社の人にそうした精神的負担をかける可能性があることが、手作りバレンタインチョコにしない方がいい理由の一つなのです。

「その労力を仕事に回せ」と思われるリスクもある

会社の男性の中には皮肉屋や、人の誠意や親切心をまともに受け取らない人もいるでしょう。