不器用さんでも大丈夫!料理下手でも絶対に失敗しない手作りバレンタインレシピ

周りの女子がみんなバレンタインは手作りしている中、私は自信がないから作ることができない…

そう落ち込んでいませんか?

バレンタインチョコは工夫次第で、料理の腕前なんて関係なく美味しいチョコレートを作ることができますよ。

今回は、不器用さんでも絶対に失敗しないバレンタインレシピをご紹介します。

スポンサーリンク

可愛く美味しい!マシュマロチョコきのこ

料理が下手だから、と手作りバレンタインチョコを敬遠している人にぴったりな、簡単なのに凝って見えるレシピです。

マシュマロの先だけにチョコをコーティングするだけの簡単レシピ!

きのこのようなかわいらしい姿になりますよ。

ふわふわマシュマロとパリパリチョコが相性バツグンで喜ばれること間違いなしです!

【マシュマロチョコきのこの材料】

マシュマロ 10コ

板チョコ 2枚

アラザンやチョコスプレー

【作り方】

1.チョコレートを刻み、耐熱容器に入れてレンジ500wで1分ほど溶かしておきます。

まだ溶けていなければ更にレンジにかけます。

2.お皿にオーブンシートを敷いておきます。

3.マシュマロの半分に、溶かしたチョコレートにつけます。

4.チョコレートが固まる前に、アラザンやカラーチョコスプレーなどでデコレーションします。

オーブンシートの上に乗せて、ラップをして冷蔵庫で冷やします。

安定の美味しさ!ざくざくチョコクランチ

あの有名なテーマパークのおみやげに人気のチョコクランチのように、ざくざくした美味しさでクセになります!

安い材料でたくさん作れるので大量に作っていろんな人に配るのにもオススメです。

【ざくざくチョコクランチの材料】

コーンフレーク 100g

板チョコ 3枚

チョコスプレーやポップシュガー

【作り方】

1.チョコを細かくしてレンジで500wで1分ほど溶かします。

2.コーンフレークをポリ袋に入れてあら目にくだいて、溶かしたチョコレートの中に入れてよく混ぜます。

オーブンシートを広げて、スプーンで一口大にすくったチョコを置いてゆきます。

しばらくおいてから、チョコスプレーやアラザン、ポップシュガーでトッピングし、冷蔵庫に入れて冷やし固めて、完成です!

スポンサーリンク

高級感を演出!とろける生チョコ

石畳のような上品で高級感のあるフォルムと、とろけていってしまう口どけがたまらない手作りチョコです。

生クリームを純乳脂肪のものを使うと、とてもリッチな味わいになります!

【とろける生チョコの材料】

板チョコ 5枚

生クリーム 100cc

ピュアココア 適宜

【作り方】

1.チョコレートは細かく刻みます。

2.バットにオーブンシートを敷いておきます。

3.生クリームを小さな鍋に入れ中火で温めます。

ボールに刻んだチョコレートを入れ、そこに生クリームを注ぎます。

なめらかになるまで混ぜます。

4.オーブンシートを敷いたバットにチョコを流し入れ、表面をならして冷凍庫で1時間冷やし固めます。

5.バットからはずし、オーブンシートをはがします。

温めた包丁で四角くカットします。

6.茶こしでココアをふって出来上がりです!

かわいさ満点!カップチョコ

かわいらしいカップに入った一口サイズのバレンタインチョコ。

なめらかなガナッシュなので、絞りやすくて見た目にも美しいリッチな雰囲気が出ます。

中にはナッツが入っているので、大人の男性にも喜ばれますよ!

【かわいらしいカップチョコの材料】

板チョコ 3枚

生クリーム 100cc

アーモンドなどのナッツ 適量

かわいらしい一口サイズのチョコカップ 個数分

【作り方】

1.生クリームと刻んだ板チョコを小さい鍋に入れて火にかけ、弱火で加熱します。

なめらかに混ぜます。

沸騰はさせないでくださいね。

2.鍋ごと氷水をはったボールに浸し冷やします。

3.カップを並べておき、絞り出し袋に2を入れて絞り出します。

クルッと2回ほど絞りましょう。

4.ナッツを中に入れ、もう一回クルッと絞り完成です!

アイデアと可愛さで勝負!

料理が多少苦手でも、チョコレートはそれだけで十分美味しいのだから、アレンジ次第でとても簡単に美味しいチョコを作ることができますよ。

あきらめないで、挑戦してみてくださいね。

料理の腕前ではなく、アイデアと可愛さで勝負することだってできるのです!