結局どっちがいいいの!?果たしてバレンタインは手作りするほうがモテるのか?

バレンタイン売り場に置いてある、可愛いデザインのチョコレート。

しかも有名ショコラティエが作ったチョコは、びっくりするほど美味しいですよね。

でも既製品だと手抜きしてるって思われちゃう…?

今回は、手作りと市販品のどちらがモテるのか解説します。

スポンサーリンク

おいしければモテ効果大!

バレンタインデーにチョコレートを手作りするか市販のものを購入して渡すか悩む女性は多いものです。

普段からお菓子作りが趣味だったり料理の上手な女性は自分の腕前を男性に披露できる良い機会なので、手作りをしたほうがモテ効果は大です。

手作りで作ってきたものがおいしいと、「料理が上手なんだね。」と男性からも高評価を得ることができるので渡さない手はないでしょう。

しかし、いままで料理をしたことのない女性やバレンタインデーだから頑張って作ってみようと試行錯誤して作る女性は失敗をする可能性もあります。

おいしいチョコレートは男性からも喜ばれますが、おいしくなかったり生焼けのものなどは自分の料理の下手さをわざわざ見せることになり男性からの評価も下がるでしょう。

かわいいラッピングはモテる

バレンタインに手作りをして男性にチョコレートを渡す場合、そのラッピングについてもこだわる必要があります。

ただ単に袋に詰めたチョコレートやタッパーなどに詰め込まれただけのものは、見た目的においしそうではありません。

実際に手作りしたチョコレートの味がおいしいにもかかわらずラッピングがきれいでないために、おいしくなさそうに見えてしまうのはとても勿体ないです。

モテるためにはかわいいラッピングをすることがおすすめです。

かわいい箱や袋にチョコレートを詰めて、綺麗なリボンを結ぶだけでとてもかわいらしいラッピングになります。

また、チョコレートをおいしそうに見せるために高級に魅せてくれるシックなデザインの箱に詰めるのも良いです。

スポンサーリンク

日持ちして食べやすく配りやすい手作りがモテる

バレンタインに手作りすることを決めたら、どんなものを作るか悩むものです。

定番のチョコレート、ケーキやクッキーなど様々なレシピがあり、どんなものが一番好まれるのかを判断することが難しいことです。

何が一番というものはありませんが、モテるためにおすすめなのはすぐに食べやすく、たくさんの人に配りやすいものです。

また、できればその日のうちに食べなくてはならないものよりも日持ちをするものの方が、貰う男性側からすると喜ばれる傾向にあります。

バレンタインにはたくさんの女性からチョコレートをもらう男性もいるので、日持ちするものであれば何日かに分けて食べることができます。

また、大きいケーキなどは切る手間もかかるので、できれば小さくカットして配るか、小さめに作ったマフィンケーキなどにするとよいでしょう。

男性は市販でも手作りでも歓迎

実際に、手作りと市販のものとではどちらのがモテるのでしょうか。

実は男性はもらう義理チョコレートに関して市販か手作りかというのはそれほど気にしていません。

市販であっても手作りで合ってもチョコレートをもらえれば、普段から慕ってくれているのだなと感じることができ嬉しいものです。

しかし、彼氏へのバレンタインに渡すチョコレートとしては、手作りをした方が確実にモテると言えます。

彼氏は、自分のために愛情と時間をかけて手作りをしてくれたのだと、とても幸せな気持ちになることは間違いありません。

学校や会社で配るチョコレートについては市販でも手作りでも構いませんが、彼氏に渡すチョコレートは絶対に手作りをした方がモテると言えます。

あなたの腕前とセンス次第!

男性はチョコをもらえたこと自体に喜んでくれるものです。

下手な料理やセンスのないラッピングを披露してしまう可能性があるのならば、市販品を渡すのがいいかもしれませんね。

彼氏にだけは、一生懸命作ってあげましょう。