もらったバレンタインチョコの見た目がやばい!?これって食べるべきなの?

女性だって、バレンタインチョコをもらうこともありますよね。

友チョコがたくさん飛び交うので、むしろ男性より多くもらっている人もいるでしょう。

でもその中で明らかに見た目がやばい奴がいる…!

これは食べるべきなのか?また、自分が作ったチョコが大失敗した場合はどうすればいいのか?ご紹介します。

スポンサーリンク

明らかに身体に悪そうなものは捨てる

近年では、女性同士でもチョコレートを贈りあう友チョコがブームとなっています。

学校や会社などでは、バレンタインデーに自分が手作りしたチョコレートを持ち寄って交換会を行っている人も少なくはありません。

しかし、この手作りチョコレートの交換をして明らかに見た目がやばい!というものも中には含まれていることが多いです。

特に、ケーキやクッキーなどの焼き物は生焼けであることもあり体にも悪いので食べない方が良いと言えます。

チョコレートなどは形が悪くなってしまっただけと言う場合もありますが、明らかに生焼けの小麦粉などは下痢をする可能性もあるので捨てるべきです。

貰った友達には少々悪い気がしますが仕方のないことです。

おそるおそる一口味見してみる

バレンタインに友達からもらったチョコレートの見た目が明らかにやばい!という場合、とりあえず一口味見をしてみるのもよいでしょう。

チョコレートでもケーキやクッキーでも一口かじってみれば、味がすぐにわかります。

そこで食べられないほどの味であった場合は捨ててしまうのがよいです。

一口食べてみて、見た目はやばいけれど意外にもおいしいと思ったときは、見た目は気にせずに食べてしまうのもよいでしょう。

また、食べてみて何の味かわからないような手作りのものをもらったときは、友達に何が入っているのか直接聞いてみるのもよいです。

「変わった味だけど何が入っているの?」という聞き方であれば、友達としても気を悪くすることはありません。

スポンサーリンク

自分が失敗した!本命の相手には作り直して渡す

また、バレンタインデーの日には手作りチョコを渡そうと思い自分で思い切って手作りしてみたものの、見た目がやばい!となってしまうこともあるでしょう。

その手作りしたものを渡す相手が、告白をしようと思っている男性や好きな男性、彼氏などの場合は必ず作り直しをした方がよいです。

味見をしてみて、意外にも味がおいしかったとしても、見た目から食欲をそそられるものでなくては渡すべきではありません。

また、一回失敗すれば、なぜ失敗したのかがわかるため、次に作るときには成功をする場合が多いです。

万が一、失敗するかもしれないというリスクも踏まえて、バレンタインに手作りチョコレートを渡すときは時間に余裕をもって準備をするようにしましょう。

味で勝負だ!おいしければそのまま渡す

バレンタインには、手作りしたチョコレートを配ろうと思い手作りしてみたけれど、見た目がやばい!けれどもう作り直す時間もないという場合もあるでしょう。

そんな時は、本命の相手に渡す分でなければそのまま渡してしまうのも手です。

明らかに生焼けのケーキやクッキーなどは渡すべきではありませんが、見た目が悪くても味が良い場合は、そのまま渡してしまいましょう。

その際に、少しでも見た目を綺麗に見せるために、ラッピングにこだわることをおすすめします。

見た目をごまかすためにも中身が見えないようなかわいいビニールや箱などに詰めてごまかすと少しは見た目も良く見えるものです。

ラッピングがかわいいと、不格好な形の手作りチョコレートもまるでデザインのように見えてくることもあります。

見た目が全てではない!

見た目が全てではありません。

明らかに身体に悪いものはのぞいて、実は美味しかった!というチョコだってあるのです。

捨てるか捨てないかは、自分に害があるかどうかで判断しましょう。