いつも営業でやってくる彼…バレンタインプレゼントを贈ったら気まずくなってしまう?

職場に出入りしている営業の彼。

いつも仕事でお世話になっているし、チョコは渡したほうがいいのかな?

でもチョコを渡すことで、今後気まずくなってしまう…?

今回は、職場に出入りしている営業の彼にバレンタインチョコを渡すべきかどうか、また渡すときの注意点をご紹介します。

スポンサーリンク

気になる男性には渡すべき!

いつも職場に営業でやってくる彼、とても素敵で気になる存在だけれどもなかなか話しかける機会がないという女性もいるでしょう。

そんな時は、バレンタインデーという日を利用してお近づきになるためにチョコレートを渡さない手はありません。

気になる彼とお近づきになりたい場合は、必ずチョコレートを渡しましょう。

渡すプレゼントについては、バッグにも入りやすい小さい物がおすすめです。

営業の男性はバレンタインの日には、出先ごとに様々な人からチョコレートを渡されている可能性があります。

彼の荷物になってしまうような大きいプレゼントは避け、小さなチョコレートなどを渡すと良いでしょう。

また、今までまったく話したことのない相手である場合は、手作りよりも市販のチョコレートを渡す方が好感度は高いです。

好感度が上がること間違いなし

営業でやってくる彼が特に気になる存在というわけではないけれど、バレンタインデーだし形式上渡したほうがいいのかと悩むものです。

社会人になると学生の頃と違い、社交辞令をしなくてはならない場合もあります。

バレンタインデーに営業でやってくる彼にプレゼントを渡すことは、今後の仕事上の関係を良好にするためにも渡したほうがベターと言えます。

気遣いのできる人なのだと好感度が上がること間違いありません。

ただし、あまりにも立派なチョコレートや手作りのものは本気だと勘違いされてしまうため避けた方が無難です。

営業をしている男性は、コミュニケーション能力が高い人が多いので、これを機に更に良い関係を築けるかもしれません。

スポンサーリンク

誰も見ていないところでこっそり渡すべき

職場にやってくる営業の彼にバレンタインプレゼントを渡す際のシチュエーションとしては、なるべく他の人の目に触れない場で渡すのがよいでしょう。

多くの人が見ている場所でチョコレートを渡してしまうと、社内のうわさになったり、一人でいい子ぶっていると思われてしまう可能性もあるからです。

このバレンタインを機にお近づきになり、更にお付き合いも出来たらいいなと考えている女性は、絶対に他の人にはばれないようにしましょう。

誰もいないところに営業の彼を呼び出して、こっそりと渡すと二人の間に特別感がでてドキッとさせることができます。

帰りがけの出口や、給湯室など人気のない場所をバレンタインデー前にチェックしておき、当日に備えましょう。

今後の関係性が気まずくなる可能性もあり

営業の彼へバレンタインデーにプレゼントを渡すには少し注意が必要です。

職場に営業でやってくる彼に彼女がいたり奥さんがいた場合は、チョコレートなどのプレゼントを迷惑だと感じる男性もいるからです。

彼に渡すチョコレートがあまりにも高価であったり、手作りのものなどを渡してしまうとホワイトデーのお返しをどうするか困らせてしまう場合もあります。

ただ単に、普段からの仕事上の付き合いを円滑にするために渡したチョコレートであっても、勘違いをされてしまっては女性としても困ります。

そうならないためには、できるだけシンプルで値段の張らない市販のチョコレートを渡すのがよいでしょう。

注意さえすれば、バレンタインの日はチョコレートを渡すことがもはや定番となっているので営業の彼にプレゼントをするのもよいでしょう。

義理チョコであることをはっきりさせる!

義理チョコとして渡す場合は、「いつもお世話になってますから…」という言葉を使うなど、義理チョコであることをきちんと伝えましょう。

余計な誤解を招かないことが、今後も変わらない付き合いができるコツなのです。

チョコ選びの際は先述したポイントをしっかりとおさえてくださいね。