可愛くデコっちゃおう!手作りバレンタインチョコのアレンジポイントはココだ!

普通にチョコを作るだけでは、あまり可愛くありません。

色も茶色ですし、意外とチョコって見栄えがしないものですよね。

でも手作りチョコの場合は、アレンジは無限大です。

可愛くデコって、人目を引く可愛らしいチョコを作りましょう!

スポンサーリンク

カラー付きのハートチョコを作る

バレンタインの手作りチョコをかわいいデザインにするには、色付きにしてみましょう。

ピンクや白、黄色などのポップな色にしてみればとってもキュート。

ホワイトチョコに色を付ければいいんです。

食紅が売っていますから、それをホワイトチョコを溶かした時に入れてみましょう。

色の加減は入れる量によります。

色を濃くしたい時には少し多めに食紅を入れましょう。

淡くしたい時には、2,3滴でOK。

水色やパステルグリーンなどにするのも面白いですね。

大きなピンクのハートを作ってもいいですし、黄色のハートを作るのもいいですね。

小さなカラーのハートチョコを幾つも作るのも、貰って楽しいですよ。

白のハートチョコにピンクの小さめのチョコを重ねるのも楽しいものです。

星型や丸い形のチョコも数個入れてみるといいですね。

チョコペンシルで模様を描く

チョコペンシルを上手く使い、バレンタインのチョコをかわいいものにしてもいいんです。

このチョコペンシルは文字を書いたりも出来ます。

ブラウンのハートのチョコを作り、白のペンシルで「好き」「LOVE」と書いてみましょう。

ハートの少し内側に黄色やピンクのチョコペンシルで点々と点を付けて、ゴージャスな感じにするのもいいですね。

白のハートのチョコにはピンクや黄色のドットを描くのもオシャレ。

動物好きな人には猫や熊、犬などの顔を描いてみましょう。

星の形などを描いてもかわいいですね。

ストライプやチェック柄を描いても素敵。

ピッチリとした線を描くよりも、サッサと緩く線を描くとかわいいんです。

その上からキラキラの丸いビーズラムネを5,6個のせてみれば、もっとゴージャスでかわいくなるんです。

スポンサーリンク

カラーのチョコチップを付ける

チョコチップは手作りチョコを更に可愛くするアイテムです。

バレンタインには、黄色や水色、白、ピンク、赤などのカラー付きのチョコチップを使いましょう。

ブラウンの普通のハートのチョコの表面があと少しで固まるなと思う時に、このカラフルなチョコチップをパラパラと振りかけてのせます。

すると、表面に馴染み、とり難くなります。

白のハートにも色々な色のチョコチップを振りかけるとかわいいですね。

ピンクには黄色を、黄色には白のチョコチップを振りかけてみましょう。

丸いチョコを作り、完全に固まらないうちに全体にチップを付けて固めましょう。

ピンクには水色を、白には黄色のみのチョコチップを付けるのもオシャレ。

箱に色々な色を入れてみれば、まるで宝石のようで貰った方も楽しい気持ちになりますね。

星やハートのラムネを付ける

流行に敏感でオシャレな男性には、星や丸型のラムネを付けてみましょう。

バレンタインの手作りチョコに小さな星型や丸型のカラフルなラムネを付けるとかわいいんです。

チョコの表面にハートの形に並べてのせるのもいいですね。

白のハート型チョコにはピンクを、ピンクのハート型のチョコには水色のラムネを付けてみましょう。

立体的でボリューム感があって素敵。

グミもいいですね。

こちらは小さく四角にカットし、それをチョコが固まらないうちに表面に振り掛けます。

グミはキラキラして綺麗ですし、チョコがよりかわいいものになります。

更に、チョコに棒を付ければ、もっとポップ感が出ていいですね。

チョコを四角にしてみるのもオシャレ。

全体的に小さなラムネやグミを付けてみましょう。

食用デコレーション素材はたくさん!

デコレーション用のペンシルやチップは、製菓用品売り場に行けばたくさんありますし、最近は100円ショップで手軽に買うこともできます。

どんなものがあるか一度チェックしてみてくださいね。

あなただけのオリジナルチョコを作りましょう!