今年こそはバレンタインで手作りチョコをもらいたい!事前にできるアピールは?

明らかに義理チョコと分かるチョコ…

そんなものではなく、女子が手作りしてくれたチョコが欲しい!と思っている男性ってきっとあなただけではありません。

そこで今回は、手作りチョコをもらうためのアピール方法をご紹介します。

大事なのは…言葉とタイミングですよ。

「手作りチョコもらったことないんだ」

女性には母性本能があるので、「かわいそう」と思うとなんとかしてあげたくなります。

もしバレンタインに手作りチョコをもらいたいのなら、「手作りチョコもらったことないんだよね…」と悲しげに言ってみましょう。

市販のチョコは義理チョコでもらったことがある人は多いでしょうが、本気度が必要な手作りチョコをもらえる男性は限られているでしょう。

あなたの彼女やあなたに好意を持っている相手なら、「手作りチョコ、一度でいいからもらってみたいよ」とストレートに言ってみましょう。

きっと手作りチョコを用意してくれるはずです。

女性側からすると、手作りチョコを敬遠する男性もいると思うので、あえて手作りを避けている場合もあるのです。

ですから、ストレートに「もらったことがないから欲しい」と伝えるといいでしょう。

「お菓子作りが上手な女の子っていいよね」

手作りチョコがもらいたいのなら、「手作りのお菓子っていいよね」という思いを伝えることが大事です。

市販のチョコが良かったり、甘い物が苦手な男性もいるので、あげるほうの女性も迷いながらバレンタインプレゼントを選んでいるからです。

バレンタインが近づいてきた時に「お菓子作りが上手な女の子っていいよね」と言われれば、普通の女性は「手作りチョコを求められている!」とピンとくるはずです。

大事なのはタイミングです。

だいたいバレンタインに使う料理器具やチョコレートやラッピング類は1月から店頭に並びはじめます。

2月に入ってから「手作りチョコが欲しい」とアピールするのは遅いでしょう。

既に市販のチョコを用意されてしまっているかもしれないので、アピールするなら1月中がいいでしょう。

「手作りスイーツが食べたい」

ストレートですが、「手作りスイーツが食べたい」と言いまくれば、嫌でも相手は「バレンタインに手作りチョコを欲しがられてる」と気づきます。