バレンタインの手作りチョコが正直…まずい!彼女を傷付けない言葉は何?

バレンタインにせっかく手作りチョコをもらったのに、それがまずい。

正直に言って彼女の料理の腕前をあげるのか、無難に過ごすのか…

究極の2択ですよね。

そこで今回は、彼女からもらったチョコがまずがったときの、彼女を傷付けない方法をご紹介します。

うそも必要!「おいしい」

一口食べて明らかにまずいとわかっても、正直に言う必要はありません。

手作りなので失敗することもありますし、女の子は一生懸命作ったのです。

ですから、「まずい」などとは口が裂けても言ってはいけません。

彼女の努力が報われないからです。

ここは嘘でもいいので「おいしい!」と言いましょう。

あとで彼女がまずかったことに気づいても、あなたが「おいしい」と言ってくれた優しさに感動してくれるはずです。

なんでも正直に言えばいいというものではありません。

大事なのは彼女があなたのために時間と労力をかけて手作りしてくれたバレンタインチョコであるということです。

その思いに報いるには「おいしい」の一言が一番効果的です。

彼女が欲しい言葉は「おいしい」なのですから、「おいしい!」で通しましょう。

彼女が感づいているのなら…「僕は好きな味」

彼女が手作りチョコの味見をしていないで、まずいことに気づいていないなら「おいしい」だけでも充分です。

ですが、味見をしてみて、「まずいかも」と彼女も気づいている場合、彼女を傷つけないコツがいります。

「面白い味だね。でも僕は好きだよ」

人の味覚はそれぞれで、味の好みも違います。

彼女が「まずいかも…」と落ち込んでしまっても、「僕は好きだよ、この味」と言ってあげると彼女は傷付かないですむでしょう。

他の誰でもなく、あなたが好きな味なら彼女は安心します。

「セーフだったか」と彼女はほっとしてくれるでしょう。