今年はどうする?予算別で考える彼氏へのバレンタインプレゼント

彼氏へプレゼントを贈る機会ってけっこう多いですよね。

もちろんカップルによるでしょうが、交際記念日、誕生日、クリスマス、そしてバレンタイン。

もうネタがない!と悩んでいる方も多いのでは?

そこで今回は、あなたの予算別におすすめのプレゼントをご紹介します!

スポンサーリンク

~2000円:定番のチョコレート

バレンタインと言えば何と言ってもチョコレートですよね。

大人になるとなかなか手作りをする機会も減りがちですが、彼女からの愛がこもった手作りスイーツは男性にとっていくつになっても嬉しいもの。

特にプレゼントを用意するわけではなく、セルフで作るとなるとだいたいこの価格帯で収まります。

勿論、凝ったものを作ったり、素材の産地などにこだわり出すとキリは無いですが、彼氏だけに渡すのであればラッピング代も含めて大抵のスイーツは賄えます。

大きな声では言い辛いですが、手作りの良い所は愛情を込められるだけではなくリーズナブルに済ませられることでもあります。

トリュフや生チョコ程度でしたら1000円で1人分くらい充分作れてしまいます。

彼氏に愛を伝えたいのにお財布の中身が心もとない人にも、手作りスイーツはオススメです。

2000円~5000円:ちょっとした高級品

手作りのスイーツを渡すのには少し気が引けてしまう人は、ひとまずこの価格帯でプレゼントを探してみましょう。

某有名チョコレートブランドさんでも、2、3000円出せれば充分見栄えの綺麗なチョコレートを買えます。

学生の頃は手作りでナンボだったバレンタイン、それがお店で高級なものを買ってプレゼントするようになるのが大人のバレンタインの境界線かもしれませんね。

物を買うのでしたら、中途半端に見栄えが良さそうな商品は選ばない事です。

大人が渡すプレゼントにしては少しだけ心もとない予算・・・この中で恰好を付けようとすると、かえって外してしまうかもしれません。

スマホカバーやマグカップ、下着やボールペンなど、「5000円弱でも高級品になるアイテム」をプレゼントするのが良いでしょう。

スポンサーリンク

5000円~10000円:プライベートで使えるもの

懐に多少余裕がありそうでしたら、この価格帯でプレゼントを探してみましょう。

誕生日やクリスマスほど豪華なものや予算ではないからこそ、見つかるグッズもあります。

ただし、彼氏が社会人で一定以上の収入があるような人であれば10000円以下のビジネスアイテムは逆に邪魔になってしまうかもしれません。

とは言っても、ネクタイやネクタイピンなどでしたらプライベートでも付けられますし良いですね。

ちょっとしたアクセサリーや、喫煙者であればジッポなどでしたら、このあたりでも最低恥ずかしくないものを揃えることができるでしょう。

勿論、彼氏の年収が一般的であったり年齢が若かったりするならば、お財布や名刺入れなども喜んでもらえるでしょう。

お酒が好きな人であれば、専用のグラスなんていうのも素敵です。

5000円以上出せばそこそこ美しいカッティングのされたグラスも買えますよ。

10000円~:大人の高級感あふれるプレゼント

バレンタインにも5桁を出せる大人の女性は、選択肢がぐっと広がります。

たまにはこちらから少し高級なディナーのお誘いというのも素敵です。

普段行くにはちょっと勇気がいるけれど気になるというあのお店にも、自分が支払うのであれば彼氏を連れて気兼ねなく行ける良い機会です。

銘柄のしっかりしたワインなどもこの価格帯からとなります。

また10000円までの選択肢にも入っているネクタイやピンなども、製品クオリティが高いものですと特別な日のギフト感が俄然上がります。

5桁を払えるとなると同じアクセサリーでも、シルバー製品なども安心して選ぶことができますね。

帽子や手袋など直接肌に触れるファッションアイテムも、大人のプレゼントとしても恥ずかしくないものを揃えることができます。

値段ではなく高級感!

比較的予算が少なめなのであれば、「普通コレにはこの金額を出さないよね」というものがおすすめです。

プレゼントだからこそ、値段ではなく高級感が大事になってきます。

彼氏にぴったりのプレゼントが見つかると良いですね。