一言メッセージではなく文章で伝えたい!彼氏に贈るバレンタインメッセージの文例集!

バレンタインのメッセージカードでは小さすぎて、思いを伝えることができない!

そう思っているあなた、ぜひ手紙を書いてあげましょう。

今回は、手紙の文章例をご紹介します。

「愛してる」「大好き」だけではない、たくさんの気持ちを伝えましょう!

スポンサーリンク

定番!素直に今の気持ちを伝える

常日頃から相手に気持ちを伝える事は大事ですが、伝えすぎてもウザがられてしまいます。

なので、バレンタインや記念日といった日に大切な彼氏に気持ちを伝えるべきです。

バレンタインだからこそできる手紙にメッセージを書くのもオススメです。

「今日はバレンタインだね!初めて2人で過ごすバレンタインです。

普段は恥ずかしくて中々言えないけど、あなたと付き合った最初の頃よりも今の方があなたを大好きな気持ちが強いです。

毎日弱音も吐かずに仕事(部活)を頑張っている姿を見て私は勇気をもらうと同時にあなたを尊敬しています。

こんなちっぽけな私ですが、これからもよろしくね!」

こんな文面で日々言いづらいけど伝えたいことをメッセージにするといいでしょう。

あくまで文例なので、大事なのはあなたの考えた文章です。

感謝の気持ちこそしっかり伝えよう

なにかされる度に「ありがとう」と彼氏に伝えていても、バレンタインだからこそしっかり感謝の気持ちを伝えるべきです。

「いつも怒らず私にやさしくしてくれてありがとう。

私が落ち込んじゃった時はいつも自分の事のように親身になって私の話を聞いてくれてたよね。

あの時を乗り越えられたから今の私があります。

「ありがとう」って言葉だけじゃ足りないくらいあなたには感謝する事が沢山あります。

1番の「ありがとう」はこんな私と付き合ってくれた事です。

わがままで可愛げのない私をいつも優しく見守ってくれ、優しく包んでくれていることに感謝です。

いつもいつもありがとう。」

いかに彼氏に感謝の気持ちを伝えるか!なのです。

スポンサーリンク

長いお付き合いなら思い出メッセージ

1年以上付き合っているカップルであれば、思い出に浸るようなバレンタインメッセージでもありです。

「去年のバレンタインの事覚えてる?

初めて手作りチョコを渡したら凄い喜んでくれたよね。

あの時すごい嬉しくて今でも鮮明に覚えてるよ。

4月は河川敷に行ってお花見をしたね。

8月は海にも行ったね。

思ってたよりも海が深くて2人で溺れそうになったよね!

11月はスノーボードに行って、お互い沢山転んで次の日は筋肉痛で動くのがたいへんだったよね!

12月はクリスマスにディズニーランドに行って初めて宿泊したよね。

初めてのお泊まりで緊張した!

1月は初詣に行ってお参りしたねー!

なんだか1年ってあっという間だよね。

これからも沢山思い出作ろうね。」

といった様に、1年間の思い出を細かくではなく大雑把にまとめたメッセージを贈ることで彼氏も去年のバレンタインや今までの思い出に浸ることができ、より一層甘いバレンタインになります。

不安な気持ちを伝えたいなら…

ネガティブすぎるメッセージを彼氏に送ると幻滅されてしまいます。

ですが、普段不安な気持ちを彼氏に言えていないという女の子はバレンタインという行事にのっかり、不安な気持ちを彼氏に伝えることもオススメします。

「バレンタインだから普段言えていない不安な気持ちを伝えるね。

あなたが女の子と仲良く話している所を見るとなんだか胸がギュー!ってなって妬いちゃうの。

かと言って「私以外の女の子とは話さないで!」って言って束縛をするのも嫌なの。

だから、私以外の女の子と話をするのはいいけど、浮気したらやだよ?

あなたに浮気されないように私ももっと女子力高くする!

いつも私の事ばかり見ていてくれてありがとう。」

といった文例の様にネガティブ過ぎずポジティブ過ぎず、かと言って上からものを言うような言い方はせずに1つの不安な気持ちのみ伝えてください。

バレンタインだからといっていくつもの不安な気持ちを彼氏に伝えるのは嫌われる原因になります。

あなた自身が伝えたいことは何?

4つの文章をご紹介しましたが、大切なのはあなた自身の気持ちです。

だから、そのままコピペしてはダメですよ。

書き方やアイデアだけを参考にしてくださいね。