バレンタインのプレゼントは社長に贈るべき?迷った時の判断基準はこちら!

バレンタインって同僚にはチョコを渡す人が多いですが、社長にも渡しているのかというと、大半の人がNOですよね。

もちろん会社の規模にもよるとは思いますが、普段から社長と交流のある場合はどうすれば良いのでしょうか?

今回は、社長にバレンタインを贈るべきか、迷った時の判断基準をご紹介します。

ぜひ参考にしてくださいね。

神経質な社長には贈ってあげよう

バレンタインのプレゼントは、神経質な社長なら贈りましょう。

神経質な社長というものは、どうも人がチョコの他にプレゼントを貰っているのを見るだけでもソワソワしてしまうところがあります。

貰えないと「なんでだ?」とやたらとしつこく疑問を持ちます。

他の人にはあげたのにと考えれば考えるほどイライラし、ついついその贈ってくれなかった人をいびりたくなってしまうのです。

社長だから大らかに、そして落ち着いた判断をしなければならないのですが、どうもバレンタインは感情的になりやすい日でもあります。

いつも可愛がっている部下がプレゼントを贈ってくれなかったら、やっぱり悲しみを通りこして怒りがわいてしまうのです。

これが原因で関係がギクシャクしてしまうこともあります。

神経質な社長には、バレンタインプレゼントを贈った方が無難です。

社長からプレゼントを催促されたら贈る

陽気な社長なら、自分からバレンタインのプレゼントが「欲しい」と催促してきます。

少し甘えん坊なところがあり、チョコだけではなく、プレゼントも欲しいと思うところがあるんです。

なんかチョコだけでは物足りないとも思うわけです。

こういった社長はそんなに高いプレゼントでなくても、貰えればいいと思うから、安いものでも悪い気はしないですね。

5,000円前後で買えるマフラーや名刺入れ、ペンケースなどでもいいんです。

でも、あまりにも安すぎる素材が荒いものは社長なだけにダメですね。

プレゼントを贈ることが重要なわけです。

プラス、メッセージカードを添えましょう。

こんなことが出来る部下はこれからも可愛がってあげようと思い、良い関係が築けますよ。