バレンタインのプレゼントは社長に贈るべき?迷った時の判断基準はこちら!

バレンタインって同僚にはチョコを渡す人が多いですが、社長にも渡しているのかというと、大半の人がNOですよね。

もちろん会社の規模にもよるとは思いますが、普段から社長と交流のある場合はどうすれば良いのでしょうか?

今回は、社長にバレンタインを贈るべきか、迷った時の判断基準をご紹介します。

ぜひ参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

神経質な社長には贈ってあげよう

バレンタインのプレゼントは、神経質な社長なら贈りましょう。

神経質な社長というものは、どうも人がチョコの他にプレゼントを貰っているのを見るだけでもソワソワしてしまうところがあります。

貰えないと「なんでだ?」とやたらとしつこく疑問を持ちます。

他の人にはあげたのにと考えれば考えるほどイライラし、ついついその贈ってくれなかった人をいびりたくなってしまうのです。

社長だから大らかに、そして落ち着いた判断をしなければならないのですが、どうもバレンタインは感情的になりやすい日でもあります。

いつも可愛がっている部下がプレゼントを贈ってくれなかったら、やっぱり悲しみを通りこして怒りがわいてしまうのです。

これが原因で関係がギクシャクしてしまうこともあります。

神経質な社長には、バレンタインプレゼントを贈った方が無難です。

社長からプレゼントを催促されたら贈る

陽気な社長なら、自分からバレンタインのプレゼントが「欲しい」と催促してきます。

少し甘えん坊なところがあり、チョコだけではなく、プレゼントも欲しいと思うところがあるんです。

なんかチョコだけでは物足りないとも思うわけです。

こういった社長はそんなに高いプレゼントでなくても、貰えればいいと思うから、安いものでも悪い気はしないですね。

5,000円前後で買えるマフラーや名刺入れ、ペンケースなどでもいいんです。

でも、あまりにも安すぎる素材が荒いものは社長なだけにダメですね。

プレゼントを贈ることが重要なわけです。

プラス、メッセージカードを添えましょう。

こんなことが出来る部下はこれからも可愛がってあげようと思い、良い関係が築けますよ。

スポンサーリンク

社長に感謝を伝えたいなら贈る

いつもお世話になっている社長なら、バレンタインプレゼントを贈りましょう。

仕事が出来ない時には熱く指導してくれたり、アドバイスをしてくれる。

間違っても「落ち込むなよ」と声を掛けてくれる。

ドリンクを持ってきては「少し休めよ」と気にかけてくれる優しい社長なら、感謝の気持ちを込めて、バレンタインにプレゼントを贈りましょう。

愛の意味がある日でもありますから、こんな時にプレゼントを贈ってくれる部下は実に可愛いと思うのです。

思わずギュッと抱きしめたくなるようです。

愛おしく思うから、ますます可愛がってあげたい。

仕事を与えてくれて、仕事が増えてお給料もアップ。

出世までするかもしれません。

心から感謝したい時には「いつも社長にはお世話になっております」「優しさ溢れるアドバイスに感謝しております」などメッセージを添えてみましょう。

バレンタインと誕生日が近いなら贈る

あまり会話をしない社長であっても、誕生日が近いのなら、バレンタインプレゼントを贈るといいですね。

特別な誕生日が近いと、プレゼントが欲しいなと思います。

そんな社長にバレンタインの素敵なチョコに加えてプレゼントを贈ったら、かなり心に残ります。

すると、声を掛けてくれるようになり、良い仕事を与えてくれるかもしれません。

「お誕生日おめでとう御座います」とメッセージカードが添えられていたら、そんなに高いものでなくても、好みのものでなくても嬉しいもの。

年配の方が多いので、ポカポカになる腹巻や遠赤外線効果のある靴下などもいいですね。

寒い季節だから、手に潤いを与える為のハンドクリームも心がこもっていて、いくらお金のある社長でも感動しちゃいますよ。

社長だから…とあまり悩む必要はないかも

社長だから…とあまり考えずに、バレンタインに関しては周りの社員と同じように接するほうがいいかもしれません。

親近感を持ってもらえますし、案外社長と社員との関係にギクシャクしていると思っているのは社長も一緒かもしれませんよ。

バレンタインで社長との壁を薄くしてみましょう。