俺ってもしかして告白された?バレンタインプレゼントをくれた女性の気持ちは?

バレンタインに「好きです」といわれて無いけれど、チョコはもらってしまった。

これは告白なのか?それとも単なる義理チョコなのか?分かりませんよね。

いったい女性はどんな気持ちで男性にチョコを贈るのでしょうか?

今回は、バレンタインプレゼントをくれる女性の気持ちをご紹介します。

スポンサーリンク

普段からの感謝の気持ちを込めて

バレンタインに女性が男性にチョコレートを渡すときの真意としては、普段からの感謝の気持ちを込めてという場合があります。

いつも仲良くしてもらっている友達や先輩、会社の上司など常日頃からお世話になっている人に、チョコレートを渡したいという女性は多いものです。

たくさんの男性に同じチョコレートを配る女性の気持ちとしては、これからも仲良くしてほしい、贔屓にしてほしいという願望も含まれています。

バレンタインにチョコレートを渡すというのは、愛の告白と思われがちですが一概にそうとも言えません。

勘違いしないためにも、周りの男性はどのようなチョコレートをもらっているかを確認すると良いでしょう。

もし、自分の渡されたチョコレートが他の男性へのものとは違った場合は、脈ありの可能性もあります。

あなたのことが好きだから

バレンタインにチョコレートを渡す女性の気持ちとして、あなたのことが好きという告白とも受け取れる場合もあります。

このようなケースは手の込んだ手作りチョコレートだったり、高価なものを好きな男性に渡す女性が多いです。

また、チョコレートをもらったけれども、特に告白などはされなかったという場合には、男性に意識をさせて男性の方から告白をしてほしいという場合もあります。

まったく知らない女性からバレンタインにチョコレートを渡されたというケースは、女性が男性に惚れていて自分の事をまずは知って欲しいという気持ちが強いでしょう。

バレンタインは本来、とてもロマンチックなイベントなのでこの日に告白しようと心待ちにしている女性も多くいます。

スポンサーリンク

とりあえずイベントとして渡すものだから

バレンタインというイベントはチョコレートを渡すことが当たり前になっている時代です。

好きな人に告白するために渡すわけではなく、とりあえずバレンタインにはチョコレートを渡す日だからという理由でチョコレートを配る女性もいます。

学校や会社などで他の女性が皆、男性に対してチョコレートを配っているのに自分だけチョコレートを持ってこず配らないのは気の利かない女性だと思われてしまいます。

そのようなことにならないためにもバレンタインに取り敢えず義務的にチョコレートを用意しておく女性も多いものです。

バレンタインは男性に愛を伝える日とは一概には言えず、周りの人に感謝を伝えるためにチョコレートを渡す日ともいえるのです。

自分の作ったものを食べて欲しいから

バレンタインに手作りのお菓子を作って配る女性の気持ちとしては、自分の作ったものをいろんな人に食べてほしいという場合があります。

バレンタインの日には、元々料理上手な人は自分の腕前を他の人にアピールするチャンスと言えます。

「おいしいね。」「料理上手だね」なんて言葉をかけてもらえると女性としてはとても嬉しい気持ちになります。

また、あまり料理をしない女性もバレンタインの日には手作りチョコレートを作ってみて、周りの人の反応を楽しむ人もいます。

バレンタインにチョコレートを渡す女性の気持ちは、好きという気持ちだけではないので、男性としては勘違いしないように注意する必要があります。

女性は思わせぶりな態度をとる人も多いものです。

本命チョコと義理チョコを見分けて!

バレンタインにチョコをもらったからと言って、すぐに好意に結びつけるのはよくありません。

本命チョコと義理チョコの区別は難しいものです。

自分だけが特別なのか、それとも単なる義理チョコなのかよく考えて次の行動を決めましょう。