付き合ってない男子に渡す「重くない」バレンタインプレゼントは何?

告白する勇気がないし、好意も気付かれたくない。

そんな時だってありますよね。

友達の関係を壊したくないけど、でも、バレンタインチョコは渡したい。

今回は、そんなあなたにぴったりのチョコや予算をご紹介します。

スポンサーリンク

手作りはNG!市販のチョコレートで

まだお付き合いをしていない段階でバレンタインに手作りをしたチョコレートは、少し重いと思われる場合があります。

バレンタインと同時に告白もしようと考えている人は、手作りチョコレートで勝負に出るのもよいです。

しかし、そうではない場合は手作りチョコレートは避けた方が無難です。

他人が手作りしたものを平気で食べる男性もいますが、中には彼女や親など信頼を置いている人が作ったものでないと食べない男性もいます。

また、手作りチョコレートは失敗をする可能性もあるので、お店で買った市販のチョコレートなら味についても間違いがないです。

付き合う前段階で失敗をしないためにも、バレンタインチョコレートは手作りより市販を選ぶべきです。

値段は500円〜1000円ぐらいまで!

まだお付き合いをしていない段階に高額でゴージャスなチョコレートを渡してしまうのは、男性に気を使わせてしまいます。

ホワイトデーに値段相応のお返しをしなくてはいけないのでは…と男性にプレッシャーをかけてしまう可能性もあるので注意が必要です。

また、あまりにも量が多かったり値段が高いものだと引いてしまう男性もいます。

男性にプレッシャーや気を使わせずに渡せるチョコレートの値段相場はだいたい500円〜1000円ぐらいまでです。

このくらいの値段であれば、それなりのチョコレートが買えて、相手に気を使わせることもありません。

ホワイトデーのお返しもハンカチが一枚買える程度の値段なのでちょうどよいと言えるでしょう。

スポンサーリンク

赤やハートは避けてカジュアルな包装のものを選ぶ

まだお付き合いをしていない段階で渡すバレンタインのチョコレートは、できればカジュアルなイメージのチョコレートがよいでしょう。

真っ赤なハートの包装などは、相手に重いと感じさせてしまう可能性があるので避けます。

おすすめは、シックな印象の包装紙やカジュアルなものがよいでしょう。

また、キャラクターものなど可愛らしいものや変わった形のチョコレートなども、カジュアルな印象になりおすすめです。

バレンタインといえば、ロマンチックなイベントですがまだお付き合いを始めていない場合は、あまりムードを出しすぎるのもよくありません。

手作りハートのチョコレートなどは、お付き合いを始めてから渡すべきものでありまだ付き合っていない場合はカジュアルなチョコレートを選びましょう。

余計なメッセージやプレゼントはつけない

バレンタインに大好きな男性に告白をして勝負をかけたい!という場合以外は、チョコレートを渡す際にメッセージやプレゼントはつけない方が良いでしょう。

プレゼントや手紙などは、すでに付き合っている場合や、告白をする際にしか渡すものではありません。

軽くメッセージをつけたい場合は、普段の感謝の気持ちなどを一言つけるだけでも、印象はよくなります。

あまりに長い手紙をつけたり、手作りプレゼントを渡すのは男性から重いと思われてしまう場合もあるので注意が必要です。

まだお付き合いしていない男女にとって、バレンタインというイベントは距離感が難しいですが、今後の二人の仲を良好に保つためにも、チョコレート選びは重要なことです。

「いつもありがとう」と伝える

決して義理でもないけど、本命チョコと思われたくない。

そんなときには、渡すときに「いつもありがとう」と言って渡しましょう。

きっと喜んでくれると思いますよ!