近所の子供にバレンタインのプレゼントはあげる?あげた方がいい場合とそうでない場合!

いつも挨拶してくれる可愛い近所の男の子。

もうすぐバレンタインだし、チョコをプレゼントしようかな?と思っている方もいるのではないでしょうか?

でも親が嫌がる可能性だってありますよね。

そこで今回は、近所の子どもにバレンタインチョコをあげたほうがいいのかどうか、パターン別にご紹介します。

欲しいと言ったらあげる

子どもがバレンタインプレゼントが欲しいと言ったら、あげましょう。

バレンタインの日は、チョコだけをくれるものだと思っている子どもには、プレゼントをあげなくてもOKです。

でも、「おもちゃが欲しい」と言ってきた場合には、高いものでなければ買ってチョコと一緒にあげた方がいいですね。

こういった子どもはチョコだけだと機嫌が悪くなってしまう場合があり、あげた方もなんだかがっかりな気分になってしまいます。

「何が欲しいの?」と直接聞きましょう。

しっかりメモして、そのおもちゃを買い、素敵に梱包します。

他にバレンタインプレゼントがあるのなら、チョコはそんなに高いものでなくてもOK。

チョコの方を付録的な感じにして、おもちゃをメインにしましょう。

幼稚園以下の子どもならあげない

子どもが幼稚園以下の場合には、バレンタインプレゼントはあげなくてもいいでしょう。

幼稚園以下の子どもは、バレンタインという日があると知っている子が少ないものです。

だから、チョコもあげる必要がないのです。

特に1歳から3歳の幼い子どもは、チョコをあげなくても機嫌すら悪くなることもありません。

逆にあげたら虫歯になると親に怒られてしまうこともあります。

幼稚園以下の子どもがいる親に「チョコをあげてもいい?」と聞き、「あげてもいいよ」と言ったらあげましょう。

でも、バレンタインの日があることを知っている子供にはチョコをあげましょう。

そうでなければ、あえて自分からバレンタインがあるから「チョコをあげようか?」とは聞かなくてもOK。

このくらい小さな子どもなら、さほど気にする必要はありません。