近所の子供にバレンタインのプレゼントはあげる?あげた方がいい場合とそうでない場合!

いつも挨拶してくれる可愛い近所の男の子。

もうすぐバレンタインだし、チョコをプレゼントしようかな?と思っている方もいるのではないでしょうか?

でも親が嫌がる可能性だってありますよね。

そこで今回は、近所の子どもにバレンタインチョコをあげたほうがいいのかどうか、パターン別にご紹介します。

スポンサーリンク

欲しいと言ったらあげる

子どもがバレンタインプレゼントが欲しいと言ったら、あげましょう。

バレンタインの日は、チョコだけをくれるものだと思っている子どもには、プレゼントをあげなくてもOKです。

でも、「おもちゃが欲しい」と言ってきた場合には、高いものでなければ買ってチョコと一緒にあげた方がいいですね。

こういった子どもはチョコだけだと機嫌が悪くなってしまう場合があり、あげた方もなんだかがっかりな気分になってしまいます。

「何が欲しいの?」と直接聞きましょう。

しっかりメモして、そのおもちゃを買い、素敵に梱包します。

他にバレンタインプレゼントがあるのなら、チョコはそんなに高いものでなくてもOK。

チョコの方を付録的な感じにして、おもちゃをメインにしましょう。

幼稚園以下の子どもならあげない

子どもが幼稚園以下の場合には、バレンタインプレゼントはあげなくてもいいでしょう。

幼稚園以下の子どもは、バレンタインという日があると知っている子が少ないものです。

だから、チョコもあげる必要がないのです。

特に1歳から3歳の幼い子どもは、チョコをあげなくても機嫌すら悪くなることもありません。

逆にあげたら虫歯になると親に怒られてしまうこともあります。

幼稚園以下の子どもがいる親に「チョコをあげてもいい?」と聞き、「あげてもいいよ」と言ったらあげましょう。

でも、バレンタインの日があることを知っている子供にはチョコをあげましょう。

そうでなければ、あえて自分からバレンタインがあるから「チョコをあげようか?」とは聞かなくてもOK。

このくらい小さな子どもなら、さほど気にする必要はありません。

スポンサーリンク

誕生日とバレンタインが近いならあげる

誕生日が近い子どもがいたら、バレンタインチョコをあげましょう。

2月14日前後に誕生日の子どもなら、バレンタインチョコと一緒にプレゼントをあげれば、もっと喜ばすことが出来ます。

チョコを貰うだけでも嬉しいのに、おもちゃなど子どもが欲しいものをくれるのですから、貰った本人にインパクトを与えます。

よりくれた人のことを忘れずに、良い関係を築くことが出来るのです。

誕生日だから、プレゼントも奮発したものを買いましょう。

そして、ゴージャスに梱包するのです。

「欲しいものは何?」と聞いておき、バレンタインの前の日にはプレゼントを準備しておくことがポイントです。

そして、そのバレンタインの日にその子どもの家に行って直接渡すか、遠方なら宅配で送り届けましょう。

メッセージカードに「お誕生日おめでとう」と書いてプレゼントの中に入れてもいいですね。

9歳以上の子どもならあげる

9歳以上の子どもならバレンタインプレゼントをあげるのも良い方法です。

ちょっとご無沙汰で会っていないなという場合には、プレゼントを一緒に渡すことで自分を思い出してもらえます。

このくらいの年頃になると、貰った人も覚えられるので、何年経っても良い関係を築けます。

その子どもが中学の受験をして受かったとか、サッカーの試合で勝ったという何か祝いたいことがあったなら、バレンタインプレゼントは必須ですね。

テストの点が良かった、通信簿が良かったと勉強を頑張っているのなら、プレゼントをあげるといいでしょう。

頑張っている9歳以上の子供を応援して、もっと頑張って欲しいなと思う時にはあげるといいのです。

メッセージカードに「よく頑張ったね」と一言書いて渡せば、もっと子どもが嬉しい気持ちになりますね。

子どもの親に相談してみるのも

もしあげてもいいのかどうなのか判断がつかない場合は、その子どもの親に相談しましょう。

もしかしたら、甘いものを制限している家庭かもしれません。

勝手に他人から物をもらわないように教えている家庭もありますので、注意してくださいね。