新社会人必見!職場の同僚にバレンタインプレゼントを渡すのはあり?なし?

高校時代は部活のメンバーに、大学時代はサークルのメンバーにチョコを配っていたかもしれません。

でも同じようなノリで職場の同僚にチョコを渡してしまうと、面倒なことに巻き込まれてしまうかも…?

そこで今回は、職場の同僚にチョコを渡すのがアリか無しかについて、パターン別にご紹介します。

新社会人は必見です!

スポンサーリンク

他の女性の同僚たちも渡すなら「あり」

職場なのでいろんな人があなたの行動を見ています。

一人だけ違う行動をとれば目立ってしまい、思わぬ誤解を受けてしまいかねません。

他の女性の同僚たちがみんな義理チョコだけしか渡していないのに、自分だけプレゼントを渡してしまったら、「どうして?」と女性たちから注目されてしまうでしょう。

でしゃばりだと反感を抱かれたり、「私たちもプレゼントあげないといけないじゃない」と怒りをかう恐れもあります。

ですので、どうしてもプレゼントを渡したい同僚がいる場合はバレンタインを避け、他の同僚たちには知られないように渡すようにしましょう。

ちょうどいいものがあったのでプレゼントにいいと思ったという単純な気持ちからの行動でも、周囲の人は良くとってくれないかもしれないので注意が必要です。

渡す相手に好意があるなら「あり」

同僚全員にプレゼントを渡すのではなく、好意がある同僚だけにプレゼントを渡すなら「あり」です。

だいたい、職場でのバレンタインイベントは「義理」が基本です。

ですから、気合のはいったプレゼントなどは無用なのです。

ですが、職場が同じだと好意を抱く相手もいたりしますよね。

バレンタインを利用して気持ちを伝えたい…と思っているなら、チョコと一緒にプレゼントを渡すのは効果的でしょう。

ですが、他の同僚に見られれば冷やかされたり、思わぬ波紋を起こしてしまう恐れもあるので注意しましょう。

また、特に相手に好意もないのにプレゼントまで渡してしまうと、相手男性が誤解してしまいかねません。

ですから、好きじゃない相手で義理のつもりであるならば、義理チョコだけで充分です。

スポンサーリンク

義理で渡すなら「なし」

女性社員かもらうチョコレートはみんな同じチョコであり、義理であることは同僚男性たちも承知しているはずです。

ですが、そこにプレゼントが添えられたら「本命チョコなのか?」と誤解を与えかねません。

ですから、義理のつもりで渡すのなら絶対にプレゼントを一緒に渡したりはしないほうがいいでしょう。

また、金銭面でも、義理チョコなら安くあがっても、プレゼントを添えるとなると高くついてしまいます。

全員に同じプレゼントを渡すとしたらかなりの出費になり、職場のバレンタインにそこまでする必要はないでしょう。

もらうほうの男性も「義理なのにプレゼントまでいらないよ」と思う人も大勢いるはずです。

また、プレゼントも欲しいものでなかったら、「こんなのいらない」と喜ばれません。

処分に困っているものなら「あり」

買ってみたり、誰かからもらったりした物でも、「これは使わない」というものがけっこう家には眠っているでしょう。

フリマアプリで売るほどのものでもなく、捨てるのはもったいない…というようなものでも、他人にとっては「欲しいもの」であることもあります。

普段のなにげない会話の中で、自分にとってはいらないものだけど、「それ欲しい」という男性の同僚がいるのなら、バレンタインのプレゼントにあげてもいいでしょう。

どうせいらないものなので、特定の相手にあげても「いらないもだけど欲しいみたいだから」と説明しやすいですし、周囲も「なるほどそうなんだ」と納得しやすいです。

また、もらうほうの同僚男性もいらないものだから気楽な気持ちでもらえるでしょう。

当然、「俺のことが好きなんだ」と誤解されることもなはずです。

わざわざ買ったりすると「特別」なプレゼントになってしまいますが、「処分しようと思っていた物」なら「特別」にはならないので大丈夫です。

会社の風習を大切に!

職場と一言で言ってもバレンタインの風習は、会社によって様々です。

中には完全禁止にしている会社もあるくらいです。

バレンタイン前には先輩社員に内情を聞いておきましょう。