誤解されたら面倒くさい…!バレンタインプレゼントで義理だと確実に分かってもらえるものは何?

バレンタインプレゼントを、会社の付き合いであげる場合もありますよね。

だけど、もしかして誤解されたらどうしよう…

彼氏がいてもいなくても、義理チョコを本命だと思われたら面倒なことになるのは明らかです。

そこで今回は、男性に確実に分かってもらえる義理チョコをご紹介します。

スポンサーリンク

チョコではなくておせんべいにする

可愛いラッピングに入ったチョコレートだと、義理だとわからない男性もいるでしょう。

本気チョコ、本命チョコと誤解されたくない場合、「これはバレンタインチョコ?」と相手が不思議がるようなものがいいでしょう。

まずチョコレートをやめましょう。

おすすめなのはおせんべいです。

ただし、ハートの形をしたおせんべいは避けましょう。

ラッピングだけバレンタイン仕様のものを選ぶといいですね。

おせんべいだとバレンタインらしい可愛らしさにも欠けますし、本命チョコとはどう考えても違うと相手にも伝わるでしょう。

本命の相手におせんべいはまず贈らないですからね。

できたらおじさん臭いおせんべいやおかきなど、色気ゼロなものを選ぶようにするといいでしょう。

面白い系のバレンタインチョコレート

本気の相手に面白いふざけたバレンタインチョコを贈らないことぐらい、男性でもわかるでしょう。

いかにも「義理だな」「狙ってるな」と思われるような、面白い系のバレンタインチョコを選びましょう。

モアイの形、タイヤ型、工具型など、バレンタインから連想される甘いドキドキするような雰囲気ではないチョコレートがあります。

そういう、「あなたに興味はなくてこれは義理チョコです」とわかるような面白いだけのチョコを選ぶようにしましょう。

子供がもらったら喜ぶような面白いチョコといえばわかりやすいでしょうか。

大人の男性がもらったら「?」な反応になるような、バレンタイチョコレートなら義理チョコだということはバレバレなので安心です。

スポンサーリンク

義理チョコだということが分かるような文字入りチョコ

チョコはチョコだから、本命だか義理だか区別のつかない男性もいるでしょう。

そんな男性にははっきりと「義理チョコ」だとわからせないといけませんね。

うってつけなのが、文字入りのバレンタインチョコ(スイーツ)です。

「感謝のきもちです」

「義理チョコです」

など、文字ではっきりと、恋愛感情はゼロのバレンタインプレゼントであることがわかるように書かれているスイーツを選ぶといいでしょう。

いくら鈍い男性でも文字ではっきり書いてあれば嫌でも義理チョコだとわかります。

これならいくら可愛いラッピングがされていて、形もハート型でも誤解されないでしょう。

誤解されるのが怖いな、と思うような相手にどうしてもチョコをあげなくてはいけない場合は義理チョコだとわかるメッセージが書かれたバレンタインスイーツを選びましょう。

ペンやメモ帳などの消耗品の文房具

職場などで義理チョコ、あるいは義理プレゼントをあげなくてはいけない場合、絶対誤解されたくないですよね。

ホワイトデーに本気のお返しなどをもらってしまっては恐ろしいでしょう。

そういうはめにならないように、まったくバレンタインらしさがないバレンタインプレゼントを送りましょう。

おすすめなのが実用的なものの代表でもる文房具です。

これをプレゼントにもらって嬉しい人はあまりいないのではないでしょうか。

しかも消耗品のボールペンやメモ用紙などを選べば、嫌でも相手は義理バレンタインプレゼントだとわかってくれるでしょう。

気をつけるのは可愛すぎたり、高価なものを選ばないことです。

いかにも使い捨てのような安っぽい実用的なものを選ぶと「義理」であげていることは伝わります。

義理チョコ文化は面倒くさい!

義理チョコの文化って面倒ですよね。

会社のバレンタインなんてなくせばいいのにな、と個人的には思います。

せめて誤解だけはされないように、プレゼント選びはしっかりと考えましょう!