遠距離恋愛中の彼氏へのバレンタインプレゼントはどうする?3つの方法と1つのポイント!

せっかくのバレンタインも遠距離恋愛だから無理…そうあきらめていませんか?

でも、遠距離恋愛だからこそ、イベント事は楽しむべきですよ!

そこで今回は、遠距離恋愛でもできるバレンタインの過ごし方をご紹介します。

彼氏にとって思い出に残るバレンタインをプロデュースしましょう!

スポンサーリンク

方法1:宅配便でチョコを送る

遠距離の場合のバレンタインプレゼントは、宅配便で送るのがもっとも一般的で、むりのないやり方でしょう。

中には、「これまではバレンタインプレゼントを贈ってきたけど、遠距離になったから今年はパスしようかな」と考えている人もいるかもしれません。

しかし、それは逆です。

遠距離だからこそ、バレンタインプレゼントを贈るべきなのです。

彼氏は「遠距離になったから、今年はもらえないかも」と思っているかもしれませんが、「そう思いながらも実は期待している」というのが男性の本音です。

遠距離でふだん会えないからこそ、そんな彼氏の期待に応えてあげることで、お互いの愛が確認できるのです。

宅配便で送る場合、チョコレートや生菓子などはクール便で送るようにしましょう。

また、お酒好きの彼氏にワインなどを送る場合は、お酒のボトル用の専用ボックスを使えば、瓶が割れる心配がありません。

宅配便業者は専用ボックスを用意しています。

方法2:バレンタインデートをして手渡しする

ふだん会うことができないのが、遠距離の辛いところです。

その辛さを解消するために、「バレンタインデート」を彼氏に提案してみてはいかがでしょうか。

バレンタインの当日に会うことはむずかしくても、その前後になんとか会う機会を設けてもらうのです。

久しぶりの再会というだけでも、お互いテンションが上がりますから、その時にバレンタインプレゼントを手渡しすれば、彼氏はいつにも増して大喜びしてくれるにちがいありません。

ふだん、しょちゅう会っているカップルでも、バレンタインは特別な意味があるもの。

まして、遠距離であれば、バレンタインプレゼントの持つ意味はより大きくなります。

なんとか二人のスケジュールを合わせて、ぜひ、バレンタインデートを実現させましょう。

スポンサーリンク

方法3:サプライズで会いに行く

事前にまったく何も告げず、いきなり彼氏に会いに行ってプレゼントを渡すという方法もあります。

予告なしにバレンタインプレゼントを宅配便で送るだけでも、遠距離の場合はサプライズ効果がありますが、直接会いに行けば、サプライズ度はけた違いに大きくなるでしょう。

バレンタインが近づいたら、「遠距離だから、バレンタインには会えないね」というような話を彼氏にしておくと、さらに効果的です。

彼氏に「会えなくてさみしいな」と思わせることで、会ったときの感動をより大きくできるのです。

彼氏が海外にいるというようなケースでは、かなりむずかしいでしょうが、お互い国内にいるのであれば、実現不可能な方法ではけっしてありません。

「来ちゃった」と言って、バレンタインプレゼントを彼氏に手渡ししましょう。

必ずメッセージカードや手紙を添えるのがポイント

遠距離で、宅配便などでプレゼントを送る場合は、多くの人がメッセージカードを添えるでしょう。

それは、大正解です。

遠距離では、ふだんはなかなか自分の気持ちを彼氏に伝えられないものです。

バレンタインは良いチャンスなのですから、彼氏への思いをメッセージに託して、彼氏に伝えましょう。

それは、宅配便で送るケースだけではありません。

バレンタインデートをしたり、サプライズで会いに行って直接渡す場合でも、メッセージカードや手紙を必ず添えるようにしましょう。

遠距離の場合、会っている時は楽しくても、そのあとで一人になると、寂しさが募ってしまうものです。

そんな時、あなたの直筆のメッセージカードや手紙が手もとに残っていると、彼氏はそれを読み返し、寂しさを紛らわすことができるのです。

あなたのメッセージを読み返すごとに、恋愛感情がいっそう高まるということもあるでしょう。

ですから、どのケースでも、遠距離でのバレンタインプレゼントには直筆のメッセージカードや手紙を添えるべきなのです。

2017年のバレンタインは平日!だけど…!

2017年のバレンタインは平日です。

そのため、当日に会うのはなかなか難しいかもしれません。

少しずらした土日で会いに行くか、郵送を選ぶか、どちらが良いか考えてみてくださいね。