本命バレンタインのプレゼントにはいくらお金をかける?世代別にご紹介!

バレンタインに本命チョコを渡して告白するぞ!と考えているあなた。

もう予算は決めましたか?

あまりに高いものをあげてしまうと、ホワイトデーに男性を苦しめてしまうことになりますし、安すぎても本命の気持ちが伝わりにくいですよね。

そこで今回は、バレンタインの本命プレゼントにおすすめの金額を世代別にご紹介します!

スポンサーリンク

10代なら1,000円から2,000円のプレゼントを選びたい

いざバレンタインで気になる男子にプレゼントをあげたいけど、いくらならいいのかな?と悩んだら、10代なら1,000円がいいでしょう。

学生なら、そんなに高いものは買えないから、男子も高いプレゼントは期待していません。

逆に5,000円以上もする高級なものをあげたら、プレッシャーを与えてしまいますね。

気軽に「有難う」と貰える価格としては、1,000円以下がベストです。

さすがに100円ほどのものでは、義理かな?と勘違いしてしまうことがありますので、避けたいものです。

「好き」という気持ちを伝えたいのなら、せめて500円以上であれば、見栄えがするものが多いですね。

金銭的に余裕があれば、2,000円程度のものを選んでもOK。

学生の自分にも負担がない価格のプレゼントを選びましょう。

20代なら2,000円から3,000円のプレゼントを選びたい

20代は社会に出て、働く男性も増えます。

自分でお給料を貰える世代でもありますから、あまりにも安いプレゼントをバレンタインにあげたら「ケチだな」と思わせてしまい、上手く気持を掴めないですね。

本気で付き合いたいのなら、2,000円以上のプレゼントを選びたいものです。

2,000円以上になりますと、おしゃれで大人なものが多くなります。

質も少し上がりますから、貰った男性も気持ちを感じるわけです。

でも、あまりにも渋すぎるデザインは控えましょう。

20代の男性は流行なので、流行に合う、ユニークなのを選ぶといいですね。

3,000円ならお金をかけてくれたなと男性が感じ、気持ちを掴みますよ。

プラス遊び心が感じられたら、「なんて楽しそうな人なんだ」と付き合ってみたくなる気持ちにさせるのです。

スポンサーリンク

30代なら3,000円から5,000円のプレゼントを選ぶ

30代の男性にバレンタインのプレゼントを渡したいなら、3,000円以上から4,000円ほどのプレゼントを選びたいですね。

1,000円前後では質が安いものが多く、ダンディな30代の男性には安っぽく見えてしまいます。

やはり、3,000円以上ではないと、それなりの質のものは揃わないですね。

3,000円以上なら素敵な革製品やデザインのプレゼントが選べます。

バレンタインチョコが1,000円以下でシンプルな時には、4,000円以上のプレゼントでカバーするといいでしょう。

チョコとプレゼントのトータルが5,000円以下になると、男性に「こんなに高いものを貰って悪いな」と気を使わせなくて済みます。

そこら辺も考えて、行動的な30代に見合うプレゼントを選びましょう。

40代なら4,000円から6,000円のプレゼントを選ぶ

40代の渋さのある大人の男性には、バレンタインプレゼントは4,000円から6,000円のものを選ぶといいですね。

収入も高くなるこの年代の男性に恋愛感情を持つ女性なら、それなりのお金をかけることが必要です。

心とお金に余裕のある大人の女として見られたければ、上質なチョコとプレゼントを選べる目を養いたいものです。

年収がより高い40代の男性には、子供っぽいなと見られて振られないように、6,000円以上のプレゼントも考えたいものです。

相手のステイタスも考えて、ワンランク上のプレゼントを選びましょう。

デザインは控えめ、でも艶と質感の良いものは心を掴みます。

格好良いギフトボックスに入れて渡せば、「なんてセンスの良い女性なんだ」と付き合いたくなるのです。

本命チョコであることを伝えよう

本命チョコレートということが伝わるように、渡すときに言葉できちんと伝えるか、恥ずかしい場合はメッセージカードを添えておきましょう。

あきらかに本命でしょ!?と思っても、鈍感な男性は気付かないものです。

本命の気持ちが伝わるように頑張ってくださいね。