ドキドキのバレンタイン!好きな人へのプレゼントに「チョコだけ」ってどうなの?

本命チョコを渡すときって、周りの女性を差をつけたいと思いませんか?

チョコだけでいいのか、あるいはチョコ以外のプレゼントも贈ったほうがいいのか…

迷いますよね。

そこで今回は、年代別に「チョコだけ」がアリか無しかご紹介します!

スポンサーリンク

10代ならチョコだけでもOK

バレンタインのプレゼントにチョコだけでも男性をがっかりな気分にさせない年代は10代です。

10代で学生の場合、自分で高いものを買えない年代でもあります。

親にお小遣いを貰って文房具やちょっとした安い服を買うだけでも嬉しい年頃です。

ですから、チョコだけでも貰えればとても嬉しい気持ちになるんです。

たとえそのチョコが200円の安いものであっても、ある程度の大きさであれば、品質も問いません。

バレンタインに貰えるということが感動するのです。

貰うということで自分も女子から認められた気分になる。

好きという気持ちを持っている女子がいる。

これが、10代の男性には刺激的で嬉しいと思うところ。

何も貰えない悲しみを味わうよりも、貰える喜びを味わえたことがとても気分を良くさせます。

だから、チョコだけでもOKなのです。

20代ならチョコとメッセージカードを添えたい

20代ならチョコにメッセージカードを添えたいですね。

チョコだけでも「好き」という気持は伝わりますが、より20代の男性の気持を掴むには、メッセージカードに自分の気持ちを書いて一緒に渡した方が、より気持を伝えることが出来るのです。

社会人として会社に勤める彼氏は、仕事もコミュニケーションを考えてやることが大事と分かっています。

ちょっとした言葉で同僚も上司も良い気分にさせ、みんなのモチベーションも上げる。

そんなことを学んだ20代の彼氏には、チョコだけを渡すよりも、気持を書いてくれた方が、より女性の気持が強いなと感じるのです。

カードも形が素敵なものであれば、より心を感じます。

1,000円以下のチョコでも、綺麗な字で丁寧に書いたメッセージは、実に男性を気持ち良いものにするのです。

スポンサーリンク

30代ならチョコと小物を添えて

30代の男性には、チョコと小物を添えたいですね。

バレンタインの日にチョコだけでは、なんだか物足りないなと感じてしまうのです。

30代の男性は、義理チョコや付き合った彼女にチョコを貰った経験も多くなります。

だから、過去のようにチョコだけでは、ちょっと物足りないなと感じてしまうのです。

本気なら、自分好みのちょっとした小物をプレゼントしてもらいたいなと思っているところがあります。

くれるかくれないかで、自分もどのような返事を出すかを考えているところもありますね。

せっかく気持を伝えられる日なのですから、よりインパクトを与える為に、定期入れやハンカチ、キーホルダーなどを添えてチョコを渡してみましょう。

そのプレゼントを目にする度に、チョコをくれた女性を思い出し、デートに誘いたくなるのです。

40代ならチョコとプレゼントを添えたい

40代の男性には、チョコとプレゼントを添えて渡したいですね。

目の肥えているこの年代は、チョコだけでは素っ気無いなと思ってしまうのです。

本気の気持があるのなら、見栄えのするプレゼントを添えてくれたらいいのにと思っています。

品質が良いものが好きな40代には、専門店で買った革製品やブランデーなどを添えるといいでしょう。

あまり甘すぎるチョコは苦手な人も多いので、ビターなチョコを選ぶ。

そんなダンディな40代の男性の好みを考えてプレゼントを選べる女性は、かなり気持を掴みます。

ハンカチでも絹であったりすると、センスがいいなと思ってくれます。

ある程度良いものが揃う5,000円前後のプレゼントがお勧めですね。

「素敵な○○さんへ」と一言メッセージを添えて渡せば、かなり気持を掴みますよ。

気持ちをこめて…

本命の相手が喜んでくれるようなプレゼントをするのは、費用をかけることも大切ですが、やっぱり1番は気持ちです。

バレンタインにあなたの気持ちが伝わるといいですね。

応援しています。