ドキドキのバレンタイン!好きな人へのプレゼントに「チョコだけ」ってどうなの?

本命チョコを渡すときって、周りの女性を差をつけたいと思いませんか?

チョコだけでいいのか、あるいはチョコ以外のプレゼントも贈ったほうがいいのか…

迷いますよね。

そこで今回は、年代別に「チョコだけ」がアリか無しかご紹介します!

10代ならチョコだけでもOK

バレンタインのプレゼントにチョコだけでも男性をがっかりな気分にさせない年代は10代です。

10代で学生の場合、自分で高いものを買えない年代でもあります。

親にお小遣いを貰って文房具やちょっとした安い服を買うだけでも嬉しい年頃です。

ですから、チョコだけでも貰えればとても嬉しい気持ちになるんです。

たとえそのチョコが200円の安いものであっても、ある程度の大きさであれば、品質も問いません。

バレンタインに貰えるということが感動するのです。

貰うということで自分も女子から認められた気分になる。

好きという気持ちを持っている女子がいる。

これが、10代の男性には刺激的で嬉しいと思うところ。

何も貰えない悲しみを味わうよりも、貰える喜びを味わえたことがとても気分を良くさせます。

だから、チョコだけでもOKなのです。

20代ならチョコとメッセージカードを添えたい

20代ならチョコにメッセージカードを添えたいですね。

チョコだけでも「好き」という気持は伝わりますが、より20代の男性の気持を掴むには、メッセージカードに自分の気持ちを書いて一緒に渡した方が、より気持を伝えることが出来るのです。

社会人として会社に勤める彼氏は、仕事もコミュニケーションを考えてやることが大事と分かっています。

ちょっとした言葉で同僚も上司も良い気分にさせ、みんなのモチベーションも上げる。

そんなことを学んだ20代の彼氏には、チョコだけを渡すよりも、気持を書いてくれた方が、より女性の気持が強いなと感じるのです。

カードも形が素敵なものであれば、より心を感じます。

1,000円以下のチョコでも、綺麗な字で丁寧に書いたメッセージは、実に男性を気持ち良いものにするのです。