バレンタインで彼女の手作りのチョコを渡されたら嬉しい?気になる彼氏の本音は?

バレンタインにチョコを渡すとき、手作りにしようか市販品にしようか迷っている女性は多いのではないでしょうか?

付き合っている彼女だし、やっぱり手作りが嬉しいのかな?と思いがちですが、実は意外と彼女からの手作りが嫌!という男性は存在します。

そこで今回は、彼女からの手作りチョコに対する男性の本音をご紹介します。

悩んだ時の参考にしてくださいね。

神経質なタイプは手作りは嬉しくない 

神経質なタイプの男性は、バレンタインに彼女から手作りのチョコを渡されたらがっかりしますね。

明らかにチョコに指紋が付いていたり、形がイビツで汚いなと思うようなものは、貰っても嬉しくはないのです。

でも、せっかくくれたのですから、「有難う」と言ってもらいます。

この神経質な男性が嬉しいなと思うのは、手作りチョコよりも買ったチョコをくれた時です。

彼女であっても、やはりバレンタインは1つ1つ梱包されており、包装もきちんとされているものがいいなと思うんです。

見た目に拘るところがあるので、よっぽど売っているチョコ並みに形も整い、綺麗に梱包してあれば嬉しいと思いますが。

神経質な彼氏の気持ちを読めか、読めないか。

読める彼女は前よりも彼氏に気が利くと愛されるのです。

気分を悪くしないように、何度も手作りチョコを作っているか、腕に自信のあるスイーツが得意な人はバレンタインには彼氏に手作りチョコを渡してもOKですね。

気にしない大らかな男性は嬉しい

大好きな彼女にバレンタインのチョコを貰って嬉しいと思う男性のタイプは、大らかな人です。

こういった男性は、人が手で触って作ったチョコでも性格が大らかだから気にしません。

優しい気持ちが強いので、梱包が下手であっても嬉しいと思うのです。

誰よりも好きだから、誰よりも大事な人だから、あえてチョコを手作りしてくれたんだなと感じてくれるのです。

大らかなタイプは、小さなチョコであっても「嬉しい」と感動してくれます。

味が美味しくなくても、自分の為に作ってくれたんだという彼女の優しさに感動するわけです。

こんなタイプの男性には、より気持を伝える為に、チョコの表面に「好き」という言葉を書けば、もっと喜んでもらえますよ。