なんだか気持ちに温度差を感じる…!バレンタインデーを喜べない彼氏の本音は?

バレンタインが楽しみでチョコレート選びに励んでいるあなた。

渡す相手の彼氏があんまり楽しみにしてないと、少し寂しいですよね。

バレンタインを私と一緒に過ごすのが嫌なのかな?と思ってしまうのではないでしょうか。

実はバレンタインに対する思いは男女でかなり差があるかもしれませんよ。

今回は、バレンタインを喜べない男性の本音をご紹介します。

甘いものが苦手だからチョコが嫌い

男性は女性に比べると、甘いものが苦手な人は実は多いのです。

チョコレートやショートケーキが苦手で、普段から口にはしていないという男性もいます。

そんな甘いものが苦手な男性が、チョコレートを受け取るとどんな気持ちになるのでしょうか。

彼女にもらったチョコレートだから食べないといけないと思うのは当然の気持ちです。

また、彼女の方も手作りのチョコレートを作るなど、なるべく甘くないチョコレートを作るようにするかもしれません。

手作りのチョコレートでも、甘いものが苦手なことは男性にとって変わらないので苦痛でしかありません。

さらに、チョコレートの味の感想を求められたときには、美味しかったとしか言えないのではないのでしょうか。

甘いものが苦手な男性にとっては、チョコレートを毎年食べるのはかなり苦痛です。

仕事が忙しいからバレンタインに会えない

バレンタインデーは祝日ではないので、その年のカレンダーによって平日になったり土日になったりします。

つまり、付き合っていると特別なイベントの日かもしれませんが、社会全体で見たらそこまで大きなイベントではありません。

仕事が忙しいと、バレンタインデーの前日や当日に時間が取りづらいこともあります。

無理をしてバレンタインデーに彼女の予定に合わさないといけないとなると、彼氏としても負担は大きくなります。

さらに、医療関係や工場関係の仕事をしている男性は、夜勤をして不規則な時間に働いている場合もあるので、予定を合わせるのが大変といったところです。

忙しい男性の本音としては、わざわざその日に予定を合わすよりも、都合のいい日に会いたいと考えています。