正規ルートが正解!ディズニーバレンタインナイトのチケットを譲る方法とは?

ディズニーバレンタインナイトのチケットを購入したものの、当日どうしても予定が入ってしまった…

そんなときもありますよね。

でもそのまま捨てるのはもったいないし、誰かに買い取ってほしいと思うのではないでしょうか?

そこで今回は、バレンタインナイトのチケットを安心して譲る方法をご紹介します。

スポンサーリンク

まずは友人や家族に打診する

せっかくバレンタインナイトのチケットを購入したけれど、彼女と別れてしまったりまたは予定が合わなかったりで、「どうしても行けそうにない!」というとても残念なパターンもあると思います。

スペシャルデーなのに行けなくなってしまったのはすごく悲しいことだと思いますが、そうなってしまったものは仕方がありません。

味わおうとしていた楽しみを他の方に譲るという方法を考えるのがベストでしょう。

オークションやチケット屋さんで売るのも良いですが、一番トラブル等が少なく売った側も安心できる方法は、やはり友人や家族に売るという方法です。

簡単に取れるわけではないバレンタインナイトのチケットですから、きっと喜ぶ方も多いはず。

多少元の値段より低くなったとしても、お得な金額で売ってあげると相手も喜びますし、あなたも気持ちが晴れやかになると思います。

Twitterアカウントがあるなら「twicketter」を使用する

Twitterのアカウントを持っている方は、「twicketter」を使用してみませんか?

「twicketter」は、Twitterでチケットの取引を助けてくれるサービスです。

Twitterでいらなくなったチケットのことをつぶやくと、公式アカウントでリツイートをしてくださるため、一気にたくさんの方にチケット情報が広がります。

またホームページでは欲しいチケットを検索する機能もあるため、とても便利です。

しかしながら、基本的には自己責任という部分があるようですので、使用する場合にはホームページの注意事項や使用方法を把握して使用することが大切になってきます。

Twitterを使用するため、取引自体はかなり早く終わるのがメリットです。

スポンサーリンク

「チケットストリート」を利用する

安心かつ安全な取引をしたいという方は「チケットストリート」がオススメです。

チケットストリートはチケットを売買するサイトで、様々なジャンルのチケットを取り扱っています。

チケットストリートのメリットとして、チケットの売買をより安全に進めるための補償がついていること。

例えば公演中止になってしまった場合などは、売り手に代わってチケット代金を全額返金してくださるなどという補償もあります。

万が一公演中止になった場合などに売り手と買い手にお金の問題が発生しないため、買い手だけではなく売り手にもメリットがたくさんあるという嬉しいサービスです。

他にもいくつかのサービスが揃っていますので、こちらも気になった方はホームページで確認してみてくださいね。

「TicketCamp」を利用する

「TicketCamp」は、毎月500万人以上が利用しているという人気のチケット売買サービスです。

会員登録は必要ですが、住所や氏名がなくてもやりとりができるので、個人情報が気になる方も安心して使用することができます。

チケットの定価以下で売る場合は取引手数料も無料になるという部分も嬉しいですよね。

また、チケット売買サービスというと、売り上げ金が入金されるのが遅いというのがデメリットのひとつにあります。

しかし「TicketCamp」では、売り上げ金が最短で入金されるため、いざというときにも安心!

「いつ入金されるのだろう?」と不安になってしまうこともありません。

国内だけではなく海外のチケットもたくさん売買されているため、洋楽好きの方にもおすすめのサービスです。

安心して取引できる方法を選ぼう!

他人にチケットを売る場合は安心して取引したいものだし、入金方法もきちんとした方法がおすすめです。

もちろん知人に買い取ってもらうことができれば、それに越したことはないでしょうが、なかなか難しいですよね。

ここでご紹介した方法をぜひ考慮に入れてくださいね。