彼氏へのバレンタインにチョコ以外のプレゼントは必要?迷った時の考え方は?

彼氏と迎える初めてのバレンタイン。

付き合っていないのだったら、きっとチョコレートをプレゼントするのが一般的なのでしょうが、すでに恋人という関係。

チョコ以外にプレゼントを用意した方がいいのかな?と悩んでいませんか?

そこで今回は、バレンタインにチョコ以外のプレゼントが必要なのかどうか、その考え方をご紹介します。

スポンサーリンク

ちょうど彼に欲しい物があったらあげる

デートなどで一緒に買い物にいく機会は多いはずです。

バレンタイン間近に、彼が「これ欲しいな」と言うような物があるのなら、バレンタインチョコと一緒にあげると喜んでもらえるでしょう。

チョコは添え物程度でいいのでチョコにお金をかけずに彼が欲しいものにお金をかけましょう。

あまりに高いものを無理して買う必要はありません。

ですが、プレゼントとしてもふさわしく、値段的にも常識の範囲内のものならバレンタインにあげるといいのではないでしょうか?

また、彼が欲しがっていた物そのものだと値段がわかってしまい、彼が「気を使わせちゃってごめんね」とすまなく思ってしまうかもしれません。

ですから、「新しいトートバッグ欲しいな」など、欲しいものはあるけど、特にどこの商品が欲しいかは決めていないようなものをあげてもいいでしょうね。

高いプレゼントは彼の負担になるかもしれない

軽い気持ちで彼はバレンタインを迎えるでしょう。

それなのに、あまりにも高いプレゼントをあげてしまうと「お返しどうしよう?」と彼はホワイトデーが怖くなってしまうかもしれません。

彼が負担に思うようなものをあげるのはマイナスです。

いくら彼が欲しがっているものでも高すぎるものはやめておきましょう。

また、物にもよります。

時計やアクセサリーなどはもらったほうも「これは高いんじゃないか?」と不安になります。

ですが、ファッション雑貨、手袋やストールなどならチョコレートと一緒にもらっても気軽な気持ちで「ありがとう」と素直に喜べるでしょう。

高いプレゼントは避けて、季節的なものやチョコに添えられていたら嬉しいと思えるようなリーズナブルなプレゼントを選びましょう。

スポンサーリンク

意外とチョコだけで充分

バレンタイン自体をそれほど重要視していない彼氏なら、チョコだけじゃなくてプレゼントまであげたら、「別にいいのに…」とうんざりしてしまうかもしれません。

ちょっとしたイベントとして楽しむ程度がいいと考えているような彼氏ならチョコだけで充分でしょう。

普通の人は、プレゼントをもらったら同程度の金額のお返しをしなければ、と思ってしまいます。

特に、別に欲しくない物をもらったのにお返しをしなければいけなくなると、彼氏はバレンタイン自体が嫌になってしまうでしょう。

プレゼントは誕生日だけでも充分なはずです。

彼氏がサプライズ好きでプレゼントもよくくれるなら、プレゼントを喜んでくれるでしょう。
ですが、そういう彼氏ではないなら、安いチョコでも充分です。

甘い物がダメな彼氏ならプレゼントオンリーで!

男性の中には甘い物をまったく食べないという人もいるでしょう。

そういう場合なら、チョコのかわりにプレゼントをあげるのもアリです。

お酒好きの彼にはちょっとだけ高価なお酒もいいですね。

また、二月はもう春が目の前です。

もう少ししたら使えそうな春小物をあげると季節感も出せて喜んでもらえるでしょう。

春にぴったりな白いスニーカー、春素材のキャップ、春らしい明るい色のリュックサックなど、実用的で春に活躍するようなものをあげたらきっと喜んでもらえるはずです。

「バレンタインなんだから食べられなくてもチョコはあげたい」と思う女性もいるかもしれません。

ですが、甘い物が苦手な彼氏にチョコレートをあげても無駄なだけです。

「チョコのかわりね」と気の利いたプレゼントをあげたら、あなたの株もあがるはずです。

バレンタインの贈り物に正解はない!

バレンタインの贈り物に正解はありません。

彼氏との関係や、付き合ってからの年数、チョコが好きかどうかにも左右されるでしょう。

あなたの彼氏がどう思っているか、想像してみてくださいね。