過去最悪の日をどうやって乗り越える?彼氏と過ごしたバレンタインが最悪だった時の対処法!

せっかくのバレンタインなのに彼氏と喧嘩してしまった。

あげたプレゼントに喜んでくれなかったり、彼氏がデートに遅刻したり、理由はいろいろあるでしょう。

バレンタインを台無しにされた…と思うかもしれません。

そこで今回は、彼氏とのバレンタインが最悪だった時の対処法をご紹介します。

スポンサーリンク

喧嘩したならすぐに仲直りする

気持ちの切り替えが大事です。

些細なことが原因でバレンタインが最悪なものになってしまったのなら、そのことにこだわっていてもしょうがありません。

「ごめんね。仲直りしたいです」

そう、素直に謝るなり、仲直りしたい気持ちを伝えましょう。

素直に謝れば、彼も「悪かったな」と思ってすぐに仲直りに応じてくれるでしょう。

バレンタインは恋人同士にとってはとても特別なイベントですが、それにこだわり過ぎる必要はありません。

「バレンタインだからこそラブラブでいたい」という気持ちが強すぎて、気持ちがすれ違ったり、感情的になったりして最悪なバレンタインになってしまうこともあるでしょう。

早く仲直りすれば彼も最悪だったバレンタインのことはすぐに忘れてくれて、ホワイトデーを素敵なものにしようと思ってくれるでしょう。

バレンタインのやり直しをする

「楽しみにしてたバレンタインでケンカしちゃった!」

最悪なバレンタインにしてしまったらテンションが落ちてしまいますよね。

年に1回のバレンタイんだからこそ、大事なイベントにしたい思いは強いはずです。

その後仲直りできたのなら、「バレンタインのやり直ししない?」と彼に提案してみてはどうでしょう?

日にちにはこだわらず、二人だけのバレンタインをやってみるのです。

チョコレートは手作りにすればいつでもバレンタインデーらしくすることができます。

大事なのは、二人にとって大切な一日を過ごせるかどうかです。

2月14日にこだわらず、日にちがずれてしまっても、お互い気持ちが盛り上がっている日を「二人だけのバレンタインデー」にしてみてはどうでしょう?

スポンサーリンク

いい機会だから二人の関係を見直してみる

カップルにとってクリスマスと同じぐらいラブラブなものにしたいイベントがバレンタインですよね。

そのことは彼氏も自分自身も承知しているはずです。

それなのに最悪なバレンタインになってしまったのはなにか二人の関係に問題がある可能性があります。

なにか不満があっても、「今日はバレンタインだからちょっと我慢しよう」と愛情があればお互い我慢するはずです。

それなのに、ケンカしたりして最悪なものになってしまうのは、もしかすると愛情が冷めかけているサインかもしれません。

たまたま些細なことでケンカしてしまったのなら気にすることはありません。

ですが、最近ケンカが多い、彼氏が冷たいなど、バレンタイン前から二人の関係がうまくいっていないようならば、今後の二人の関係を見直してみる良いきっかけかもしれません。

女子会で憂さ晴らしをする

「楽しみにしてたのにバレンタインが最悪!」

不満がたまりにたまっているなら、彼氏にぶつけてはもっと最悪なことになってしまいます。

こういう場合、不満解消には女友達を利用するのが一番です。

女子会を開き、バレンタインが最悪だったと愚痴りましょう。

女子同士は彼氏の自慢はあまり興味がないものですが、うまくいっていない話や、最悪な出来事などには興味津々になって熱心に話を聞いてくれるはずです。

誰かに話せば気持ちがすっとしますし、話してみると「意外とつまらないことだったな」と冷静になれるものです。

自分一人で頭の中で考えていると苛々が増していくばかりなので他人に話してみるのが効果的です。

家族には話しづらいでしょうから、仲のいい女友達にぶちまけてしまいましょう。

今後どうするか決めよう

喧嘩は、2人の関係を見直してみるいい機会です。

もし別れたくないのなら、ちゃんと謝って仲直りしましょう。

別れたいと思ったのなら、冷静になって判断するためにも、ストレス発散は大切ですよ。