バレンタインチョコに文句を言う彼氏とは別れるべき?迷ったときの後悔しない考え方をご紹介!

せっかくバレンタインチョコを贈ったのに、彼氏から返ってきた言葉は、ただの文句。

「別のチョコが良かった」「美味しくない」「見た目が悪い」など、文句にもいろいろありますが、言われて嬉しいものではありませんよね。

もう別れようかな…と思ってしまっても仕方ありません。

そこで今回は、バレンタインチョコに文句をつける彼氏に対して別れを迷ったときの後悔しない考え方をご紹介します。

「軽い感想」レベルの文句なら気にしないのがベスト

バレンタインに贈ったチョコに彼氏が文句を言う場合、どう対処するかのポイントになるのが、「文句の程度」です。

たとえば、せっかく贈ったバレンタインプレゼントなのに、そのチョコのことをボロクソに貶したり、「そんなことまで言う?」というようなひどい言い方をするなら、それなりに厳しく対処する必要もあるでしょう。

しかし、そうではなく、「軽い感想」というレベルの文句ならば、あまり気にする必要はありません。

たとえば、「おいしいとは思うけど、俺の口にはちょっと甘すぎるな」とか、「うーん、まあまあかな。〇〇社のチョコの方が僕は好きだけど」というレベルであれば、スルーしてもいいでしょう。

彼氏にしてみると、「悪意のない正直な感想を口にしただけ」ということが考えられるからです。

深刻に考える必要はありません。

市販チョコに文句を言われたら「そういう人間なのだ」と思ってつきあう

そのような軽い感想レベルではない、ひどい文句を言われたなら、気にしないわけにはいきません。

人から何か物を贈られて、そのプレゼントに難癖をつける人は、人間性に問題があると考えていいでしょう。

まして、彼女からもらったバレンタインチョコに文句を言う彼氏は、人間として、大いに問題ありと考えるべきです。

ですから、その場合は「別れるという選択もアリ」ではありますが、「でも、彼氏のことは好き」というなら、無理に別れる必要もありません。

「彼氏は、もらったバレンタインチョコに難癖をつけるような人間なのだ」という意識を持ちながら、交際を続ければいいでしょう。

そのような見方をしながら彼氏とつきあうようにすれば、また同じように文句を言われた時も「そういう人なのだから、しかたない」と考えることができます。

そのことによって、ショックを受けないですむわけです。

手作りチョコに文句を言われたら別れを考えてみる

あなたが彼氏に贈ったバレンタインチョコが、あなたの手作りのものであったなら、事態はより深刻です。

前項でお話したとおり、人からプレゼントされたものに文句を言うこと自体、人間としてするべきことではありません。