バレンタインプレゼントをいらないという彼氏…どうすればいい?4つの対処法

せっかくのバレンタイン。

「何が欲しい?」と聞いて「別にいらない」なんていう彼氏に対してちょっぴり腹が立つことも。

年に1度のイベントなのですから、一緒にお祝いしたかったのに、なんて思いませんか?

そこで今回は、「バレンタインいらないよ」という彼氏に対してどんなプレゼントを贈るべきかをご紹介します。

スポンサーリンク

一緒にデートしてペアグッズを買う

彼氏から、「バレンタインのプレゼントはいらない」と言われたけど、どうしても何か贈りたいと思うなら、ペアのグッズを買って贈ってみてはどうでしょうか。

彼氏に「プレゼントはいらない」と言われたら、「じゃあ、デートだけしようよ」と誘いましょう。

そして、デート中に、ショップで見つけたアクセサリーなどを、「ねえ、これすごくかわいいから、ペアで持とうよ」と提案するのです。

彼氏が気に行ってくれそうなものなら、なんでもOK。

アクセサリーではなく、ステーショナリーなどの小物類や、オシャレなマグカップなどの食器類でもいいでしょう。

そういうペアグッズを、「今日はバレンタインデーだから、記念に私に奢らせて」と言って購入し、彼氏にプレゼントするのです。

これなら、「プレゼントはいらない」と言っている彼氏も、受け取ってくれるのではないでしょうか。

あまり高価なものだと彼氏はかえって喜んでくれないかもしれませんから、手ごろな価格のものをチョイスするといいでしょう。

彼氏の好きなお店でデートして飲食代を奢る

ペアグッズのような形に残るようなものはいらないと彼氏が強く希望するなら、形に残らないものをプレゼントするという方法があります。

それは、飲食代を奢るというやり方。

バレンタインデートに彼氏を誘い、いつも行っている彼氏のお気に入りのお店や、彼氏の好物の料理のお店で、いっしょに食事をしましょう。

それなら、彼氏も喜ぶはずです。

そして、「たまには私に奢らせてよ」と申し出ましょう。

ふだんは、彼氏に奢ってもらうことが多い場合や、いつもは割り勘にしているというカップルなら、「バレンタインだから私が」という言い方をすれば、彼氏も納得してくれるに違いありません。

このようにすれば、「プレゼントはいらない」と言っている彼氏も、「何か贈りたい」と思っているあなたも、満足できるのではないでしょうか。

彼氏がお酒好きなら、バーやバルに誘うのも、もちろんOKです。

スポンサーリンク

可愛くアレンジしよう!家で手料理をふるまう

外デートではなく、家デートで彼氏に喜んでもらうという方法もおすすめ。

バレンタインで家デートをし、家で食事をするのです。

デリバリーを使ってその代金を奢るというやり方もありますが、せっかくのバレンタインなのですから、手料理をふるまってみてはどうでしょう。

彼氏の好物の料理を、あなたが手作りして、それをバレンタインのプレゼントにするのです。

「プレゼントはいらない」と言っている彼氏も、これならまず嫌がることはありません。

あなたの真心も伝わりますし、二人にとって特別な意味のあるバレンタインになるのではないでしょうか。

どんな品物を贈るよりも彼氏を満足させ、二人の関係をいっそう深めてくれる、すてきなプレゼントになるに違いありません。

彼氏の言葉通りプレゼントは一切しない

彼氏がガンコで、意固地なところがあるような性格の場合、上記のように何らかの形でバレンタインプレゼントをすることは、避けたほうがいいケースもあります。

ペアグッズをあげたり、食事を奢ること自体が「プレゼント」なわけですから、意固地な彼氏は「いらないって、言ったじゃないか」と不快感を表すこともあるかもしれません。

よかれと思ってしたことが、かえって二人の関係を悪くしてしまうこともありえるわけです。

ですから、彼氏がそういう性格で、機嫌をそこなうリスクがあると判断したら、彼氏の言う通り、バレンタインにはどんな形にせよ、プレゼントは一切しないとう選択をした方が賢明でしょう。

ただし、デートだけはしましょう。

プレゼント一切なしのいつも通りのデートなら、どんなにガンコで意地っ張りな彼氏も文句はないはずです。

チョコレートである必要はない!

バレンタインには必ずしもチョコレートを贈る必要はありません。

恋人の数だけバレンタインの過ごし方があります。

大好きな彼氏とデートして楽しい思い出を作りましょう。