2017年のバレンタインは平日…!オフィスでもOKなバレンタインネイルってどんなもの?

残念ながら2017年のバレンタインは平日となりました。

せっかくのバレンタインにデートしたい!と考えているのなら、仕事に支障がない程度のオシャレに留めなければなりません。

とはいえ、仕事後に彼氏とデートを控えていたり、職場の気になる男性にチョコを渡す場合は、ネイルも可愛く決めたいですよね。

そこで今回は、オフィスでもOKなバレンタインネイルをご紹介します。

スポンサーリンク

オーソドックスなフレンチネイル

フレンチネイルは様々なアレンジが出来ますが、見た目をシンプルに仕上げやすく、可愛いながらもオフィスでも浮かないデザインです。

ホワイトとブラウンの組み合わせなら、落ちついてシンプルなデザインながら、チョコがイメージできてバレンタインらしいデザインになりますね。

フレンチネイルといえば、爪先にホワイトを使うことが多いですが、ブラウンを爪先にしてもオシャレです。

ブラウンだと手の血色が気になるという方は、ピンクブラウンにすると指先の血色もよく見えて、かつ可愛らしいです。

すこしアレンジを加えたいなら、逆フレンチにするとパッと目を引きやすくなります。

少し華やかなネイルでも大丈夫なオフィスなら、カラーの境にラメでラインを入れたり、ストーンをあしらうと、爪先が一層華やかになりますね。

ハートのワンポイントを入れる

バレンタインは愛を伝える日ですから、指先でも愛を表現したいですね。

薬指だけにハートマークのラインを引いてみるのはいかがでしょうか。

さりげないアピールにキュンとします。

シンプルネイルが望ましいオフィスなら、ラインをホワイトやピンクにすれば悪目立ちしにくいですよ。

ラメで細くラインをひくのも、日中でしたらそれほど浮いて見えません。

華やかなネイルがOKなオフィスなら、真っ赤なハートマークをワンポイントで入れると、とてもオシャレですね。

可愛らしさが溢れています。

ハートマークのストーンをワンポイントで入れるのも可愛いですね。

二本の爪に、ハートを半分ずつ描いて、爪を並べると一つの大きなハートになるデザインも、オシャレで素敵です。

スポンサーリンク

チョコ色のワンカラーネイル

ブラウン系など、チョコをイメージさせるカラーのネイルは、バレンタインのためのネイルだとわかりやすくて素敵ですね。

ツヤツヤのワンカラーも、ブラウン系なら目立ちすぎず、オフィスネイルとしてもOKでしょう。

マットネイルにすれば、質感がチョコに近くなり、おいしそうな見た目になりますね。

ちょっと変わった質感に、周囲の注目も集まることでしょう。

マットネイルと、つやのあるラインを組み合わせるのも美しいです。

キャラメル色のラインを引けば、チョコをキャラメルコーティングしているようにも見えますね。

マットなワンカラーネイルに、ラメを少し散らすと、チョコに金粉がかかっているデザインにも見えます。

彼や旦那様に渡すチョコと、同じデザインにしてみるのも面白いですね。

大人っぽいツイードネイル

チョコレートカラーをイメージしたネイル以外にも、温かみのあるデザインが寒い冬のバレンタインにおすすめです。

ツイード生地は、もこもことした可愛らしさと細かな繊細さがあり、冬を感じるデザインです。

これをネイルで表現して、大人の繊細な可愛らしさを演出しましょう。

数種のカラーを使いますが、落ち着いた色味の組み合わせにすれば、オフィスネイルとしても問題ありません。

ピンクやベージュなど、温かみのあるカラーを使って一本だけツイードネイルにしてみるというのも、アクセントがあってオシャレです。

フレンチネイルと組み合わせたり、同系色のラインストーンと組み合わせるのも、可愛らしいですね。

お仕事の後にデートを予定しているなら、同系色のツイードのスカートと組み合わせれば、オシャレ度がワンランクあがりますよ。

大人っぽくシンプルに!

平日だからと言って、バレンタインのオシャレを諦めなければならないというわけではありません。

ちょっと大人っぽいシンプルさを出せば、オフィスでもネイルを楽しむことができます。

仕事後には素敵な時間が待っていますよ。