園児から手作りバレンタインチョコをもらった!大人の対応として適切な行動は?

近所に住んでいる幼稚園児からバレンタインのチョコレートをもらった場合。

所詮子どもだからと思って、ないがしろにしてはいけません。

幼稚園児でもちゃんと女の子です。

対応を間違うと悲しみます。

そこで今回は、幼稚園児の女の子からバレンタインチョコをもらった場合の大人の対応をご紹介します。

バレンタインチョコの見た目を褒める

園児とはいえ、女の子が一生懸命に作ったチョコレートです。

お母さんに手伝ってもらったかもしれませんが、綺麗に作られていても、手作り感がある素朴なものでも、とにかく「すごく上手に作れたね!」と褒めてあげましょう。

園児は作ったものが相手にどう受け取られるか不安に思っているものです。

多少大袈裟に、「こんなに上手に作れるなんていつもお菓子作りしてるの?」とか「いつもお母さんの料理のお手伝いしてるの?」とかたずねてもいいでしょう。

あと、「すごく美味しいそうだね!」という言葉も効果的です。

食べ物なので「美味しそう」と言われたら嬉しいものです。

言葉だけではなく、笑顔で言うのを忘れてはいけません。

「僕にはこんなの作れないよ」と言って大人よりすごいと褒めてあげると喜ぶでしょう。

ラッピングの可愛さを褒める

バレンタインチョコはチョコレートそのものも大事ですが、園児はラッピングにもより力をいれているはずです。

まず目に入るのは可愛くラッピングされた状態なので、最初にラッピングを褒めるのが効果的でしょう。

「わあ、綺麗にラッピングされてて素敵だね!」

「可愛いラッピングだね!自分でやったの?」

など、ラッピングについてきちんと触れてあげることが大事です。

ラッピングに触れられないと、園児がせっかく頑張ってラッピング選びをして丁寧にチョコをつめた苦労が報われません。