園児から手作りバレンタインチョコをもらった!大人の対応として適切な行動は?

近所に住んでいる幼稚園児からバレンタインのチョコレートをもらった場合。

所詮子どもだからと思って、ないがしろにしてはいけません。

幼稚園児でもちゃんと女の子です。

対応を間違うと悲しみます。

そこで今回は、幼稚園児の女の子からバレンタインチョコをもらった場合の大人の対応をご紹介します。

スポンサーリンク

バレンタインチョコの見た目を褒める

園児とはいえ、女の子が一生懸命に作ったチョコレートです。

お母さんに手伝ってもらったかもしれませんが、綺麗に作られていても、手作り感がある素朴なものでも、とにかく「すごく上手に作れたね!」と褒めてあげましょう。

園児は作ったものが相手にどう受け取られるか不安に思っているものです。

多少大袈裟に、「こんなに上手に作れるなんていつもお菓子作りしてるの?」とか「いつもお母さんの料理のお手伝いしてるの?」とかたずねてもいいでしょう。

あと、「すごく美味しいそうだね!」という言葉も効果的です。

食べ物なので「美味しそう」と言われたら嬉しいものです。

言葉だけではなく、笑顔で言うのを忘れてはいけません。

「僕にはこんなの作れないよ」と言って大人よりすごいと褒めてあげると喜ぶでしょう。

ラッピングの可愛さを褒める

バレンタインチョコはチョコレートそのものも大事ですが、園児はラッピングにもより力をいれているはずです。

まず目に入るのは可愛くラッピングされた状態なので、最初にラッピングを褒めるのが効果的でしょう。

「わあ、綺麗にラッピングされてて素敵だね!」

「可愛いラッピングだね!自分でやったの?」

など、ラッピングについてきちんと触れてあげることが大事です。

ラッピングに触れられないと、園児がせっかく頑張ってラッピング選びをして丁寧にチョコをつめた苦労が報われません。

ラッピングというものは種類が豊富で、特に手作り用のラッピングはたくさんの中から自分で選ぶのでとても心がこもっている部分なのです。

「綺麗だからラッピングは大事にとっておくね」と言ってあげると喜んでくれるでしょう。

スポンサーリンク

その場で食べて「美味しい!」と褒めてあげる

大勢の園児たちからたくさんのバレンタインチョコをもらうなら、自宅で食べるしかないでしょう。

しかし、一人、あるいは数人からもらって、時間的にも余裕があるシチュエーションだったら、その場で「食べてみてもいい?」と訊いてみてもいいでしょう。

手作りのバレンタインチョコをあげる園児からすれば、美味しいかどうかの感想はとても気になるものです。

次に会った時に言ってもいいのですが、早ければ早いほど嬉しい気持ちになれるでしょうから喜んでもらえます。

また、「もらえて嬉しいから早く食べてみたい!」というこちらの気持ちも伝わりやすいです。

園児の前で食べてみれば、味についてや、どういう風に作ったのかとか、いろいろ質問もできて盛り上がることができます。

「ホワイトデーを楽しみにしててね」と言う

手作りのバレンタインチョコはそれなりに手間暇がかかっています。

園児にとっては生まれて初めての手作りのスイーツ作り、バレンタインチョコになるかもしれません。

ですから、素敵な思い出にしてあげたいですよね。

ホワイトデーというものもちゃんと知っているはずです。

ですから、「ありがとう!ホワイトデーは楽しみにしててね!」と笑顔で言ってあげると、きっと喜んでくれるでしょう。

園児なのでそんなに高価なおかえしである必要はありません。

ですが、園児がもらって嬉しいような可愛いホワイトデーのお返しをちゃんとリサーチしてあげるようにしましょう。

園児なのでチョコレートの味にこだわるよりもラッピングやチョコレートの形の可愛さなどを優先して選んでみるといいですね。

感謝の気持ちを伝えることが大事!

とにかく大事なことは、感謝の気持ちを伝えることです。

きっと幼稚園児の女の子は、あなたに喜んでもらいたくて、チョコレートを渡したのですから、きちんとお礼を伝えて、ホワイトデーにはお返しをあげましょう。