どれもコスパ高し!2017年バレンタインに贈りたい義理チョコレートは?

バレンタインは本命チョコレートも悩みますが、会社や取引先への義理チョコレートも悩んでしまいますよね。

最近は、バレンタインの義理チョコ禁止のありがたい会社もありますが、多くの会社はやっぱりまだまだ女性社員を悩ませています。

本命だと勘違いされず、値段も手ごろで安すぎないチョコレート。

いったいどんなものがあるのでしょうか?

有名ブランド!モロゾフのチョコレート

自分の職場や取引先などきちんとした場所で渡すバレンタインチョコレーとしてもっとも人気が高いのはモロゾフのチョコレートです。

モロゾフは誰しもが知っている有名なブランドであり、人気が高いのですが意外にもその値段は手の届きやすいものになっています。

一番安いもので11個入り千円ほどで購入することができるので、社内などでお金を出し合って男性にプレゼントするには丁度良い値段と言えます。

また、モロゾフのチョコレートの個数が多く入っているものが多いです。

既婚の男性などはチョコレートを家に持ち帰って家族やお子さんと一緒に食べることも多いため喜ばれます。

甘いものが嫌いな男性以外であれば、バレンタインチョコレートの量が多くて困ってしまうことは少ないのでたくさん入っていると相手に喜んでもらえる可能性が高いです。

お手ごろ価格!シャトレーゼのチョコレート

こちらは、4個入りで540円~ととてもお手頃価格となっています。

会社や学校などで取り敢えず渡しておこうかな?という際に自分一人でも購入しやすいものです。

シャトレーゼと言えばケーキやアイスなどが有名ですが、チョコレートにおいても充実しており様々な種類の味のチョコレートを作っています。

一粒ずつ色や味が大きく違うため、飽きが来ないのもよい点です。

また、あまりにも高いものを義理チョコとして送ってしまうと本命なのでは…?と勘違いされてしまうこともあります。

しかし、このくらいの値段のチョコレートは義理チョコには最適です。

相手に気を使わせないためにもお手頃価格でおいしいチョコレートは義理チョコにぴったりと言えます。