私のこと嫌いになった…?バレンタインのお返しをくれない彼氏の本音とは?

恋人である以上、絶対にはずせないイベントは、バレンタインとホワイトデーですよね。

もちろんクリスマスも大事ですが、なんて言っても、恋人たち専用の日と言えば、やっぱり2月14日と3月14日ははずすことができません。

なのに!彼からのお返しがなかった。

凹んでしまうのも無理ありません。

なぜ彼氏はホワイトデーのお返しをくれなかったのか、考えてみましょう。

スポンサーリンク

現実的にプレゼントを買えなかった

彼氏は学生でしょうか。

社会人でしょうか。

バレンタインにお返しをくれない彼氏は、物理的に返すことが難しかったのかもしれません。

思いのほかバレンタインに高級チョコレートをもらった場合、お返しはそれに似あうものを返さなくてはと思うはずです。

学生の場合お金がない、社会人の場合は忙しくて買いに行く時間がなかったなど、買いに行きたい気持ちはあったけれど、当日までにできなかった可能性があります。

漂々とした表情でも内心悪いとは思っているので、やさしくどうしてないのか聞いてみましょう。

切り出せないだけで、本心では謝りたいと思っているかもしれないです。

女性がその理由を聞いて許せて、彼氏に仕方ないと思えるようなら、ここは大きな心で受け止めましょう。

イベントや記念日に興味がない

女性は初めて付き合った記念日、二人の誕生日、クリスマスなどイベントや記念日を大切にする人が多いです。

そしてその日は一緒に過ごしたいと思います。

バレンタインにお返しをくれない彼氏はそんなイベントや記念日自体を何とも思っていない可能性があります。

世間一般では、女性がバレンタインにチョコレートをあげて、男性がホワイトデーでお返しをするという一種のイベントですが、男性にはそのようなことに最初から興味のない人もいます。

イベントや記念日など関係なくいつも一緒にいたいと思ってくれているのならよいのですが、あえてその日じゃなくてもよいと考えている人もいます。

これはそもそもの考え方の違いで、どうしようもないことかもしれません。

しかし強く訴えることで彼氏に要望も伝わることもあります。

スポンサーリンク

釣った魚にえさをやらないタイプ

プレゼントをもらったらお返しをするという、一瞬は当たり前のことのように感じるバレンタインです。

しかしバレンタインにお返しをくれない彼氏は、釣った魚に餌をやらないような、わざわざそこで頑張らなくてもよいと甘えているのかもしれません。

彼女が彼氏に愛情を注ぎすぎてしまうと、何もしなくても男性は女性に愛されていると思ってしまい、ますます関係はなあなあになってしまいます。

確かにホワイトデーのお返しを探しに行って買いに行くというのは、男性にとって面倒なことかもしれません。

ただ、そこで甘えられては困るので、そういうことは怒ってもいいかもしれません。

男性は自分であげるのは面倒だと思っているホワイトデーですが、バレンタインのチョコレートの数は気にしている人もいます。

次回は送らないなどの処置をとると何か変化があるかもしれないです。

一緒に買いに行こうかと思っている

バレンタインにお返しをくれない彼氏は、当日までにプレゼントしたいものが思いつかないか、一緒に買いに行こうと思っているのかもしれません。

プレゼントというものは相手が何が喜ぶかを想像して、一生懸命考える気持ちも一緒に大切にしたいものですが、本当に考えても鈍い男性にはわからないこともあります。

この場合は、近いうちに買い物でも行こうと誘われることもあります。

どうしてもホワイトデーにお返しをもらうことにこだわる女性もいるかもしれませんが、男性の事情を考慮することも配慮の一つです。

普段からわかりやすいこれが欲しいアピールをしてそれでもダメで、一緒に買いに行くこともまあいいか、と思えるならそこまで気にすることはないことです。

まずは彼の本音を聞いてみることが大切!

男性にもいろいろな考えの人がいます。

まずは彼氏の意見を確認してみましょう。

実は悲観的になる必要がない場合がほとんどです。

怒るのは、彼の考えを聞いてからでも遅くないかもしれませんよ。