パパ大喜び!家庭で子供と作るバレンタインデーカードのアイデア4選!

もうすぐバレンタインデー。

チョコの準備はばっちりですか?

結婚されてお子さんがいらっしゃる方は、チョコに手作りのバレンタインカードを添えてあげるとパパも大喜びですよ。

お子さんと一緒に作ることのできる、メッセージカードの作り方をご紹介します。

幼稚園児におすすめ!折り紙でハートのカード

子供と作るバレンタインデーカード。

子供の年齢にもよるけれど、幼稚園生ぐらいなら、折り紙がおすすめです。

情熱の赤ではないですが、赤い折り紙、あるいは子供が好きな色の折り紙でハートを作ってみましょう。

折り紙でハートを作れない場合は、ハートの形に切り抜いてもいいですよね。

それに目や鼻を書いて、擬人化してみてはいかが?

パパに渡すチョコレートにぺたりと張り付けて渡すだけでもよろこばれますよ。

折り紙でなくうらが白い紙の場合は、そこにメッセージを書いて、穴あけパンチャーで紙に穴をあけて、リボンなどのかわいらしいひもで渡すチョコレートをラッピングしてメッセージカードを添えるのも素敵。

どんなものでもこころ(ハート)があるから、もらう人も大喜びです。

思いでがいっぱい!服の端切れを利用して作るカード

子供の着れなくなった服などの端切れを利用して、バレンタインデーのカードを手作りしてみるのはいかが?

用意するのはポストカード・サイズの色画用紙。

二つ折りで開く形のカードでも、ポストカードでもどちらでもOK。

まずは、書きたいメッセージのスペース分を考えましょう。

メッセージをかいたら、その下の余白部分に、端切れをハートの形にきりぬいたものをボンドでつけていきましょう。

大小さまざまなハートを形どって、余白に張り付けていくのもいいですね。

子供の着れなくなった洋服の場合は、着ていた時の思い出がわかる写真のコピーも一緒にそえると、子供の成長もわかって、パパがより感激するバレンタインデーカードになりそうだと思いませんか?

絵の具で手形を取って!子供の成長を感じるカード

用意するのは子供の両手が収まるほどの模造紙もしくは、白い画用紙。