パパ大喜び!家庭で子供と作るバレンタインデーカードのアイデア4選!

もうすぐバレンタインデー。

チョコの準備はばっちりですか?

結婚されてお子さんがいらっしゃる方は、チョコに手作りのバレンタインカードを添えてあげるとパパも大喜びですよ。

お子さんと一緒に作ることのできる、メッセージカードの作り方をご紹介します。

スポンサーリンク

幼稚園児におすすめ!折り紙でハートのカード

子供と作るバレンタインデーカード。

子供の年齢にもよるけれど、幼稚園生ぐらいなら、折り紙がおすすめです。

情熱の赤ではないですが、赤い折り紙、あるいは子供が好きな色の折り紙でハートを作ってみましょう。

折り紙でハートを作れない場合は、ハートの形に切り抜いてもいいですよね。

それに目や鼻を書いて、擬人化してみてはいかが?

パパに渡すチョコレートにぺたりと張り付けて渡すだけでもよろこばれますよ。

折り紙でなくうらが白い紙の場合は、そこにメッセージを書いて、穴あけパンチャーで紙に穴をあけて、リボンなどのかわいらしいひもで渡すチョコレートをラッピングしてメッセージカードを添えるのも素敵。

どんなものでもこころ(ハート)があるから、もらう人も大喜びです。

思いでがいっぱい!服の端切れを利用して作るカード

子供の着れなくなった服などの端切れを利用して、バレンタインデーのカードを手作りしてみるのはいかが?

用意するのはポストカード・サイズの色画用紙。

二つ折りで開く形のカードでも、ポストカードでもどちらでもOK。

まずは、書きたいメッセージのスペース分を考えましょう。

メッセージをかいたら、その下の余白部分に、端切れをハートの形にきりぬいたものをボンドでつけていきましょう。

大小さまざまなハートを形どって、余白に張り付けていくのもいいですね。

子供の着れなくなった洋服の場合は、着ていた時の思い出がわかる写真のコピーも一緒にそえると、子供の成長もわかって、パパがより感激するバレンタインデーカードになりそうだと思いませんか?

スポンサーリンク

絵の具で手形を取って!子供の成長を感じるカード

用意するのは子供の両手が収まるほどの模造紙もしくは、白い画用紙。

そして赤もしくは子供が好きな色の絵の具を用意します。

子供の手形を上手に使ってハート型を作ってみましょう。

親指と、人差し指を上手に使い、ハートの形になるように手形を押しましょう。

なんどか押して、一番上手にハート型になったものを使うといいですよ。

余白には手を使った様々な動物などをアイデア次第で付け足すのもいいですね。

ハートの中には、バレンタインデーのカードを送る予定のパパ、おじいちゃん、などにむけたメッセージを書き込みましょう。

子供の年齢、いつ作成したのかを書いて送ると、子供の成長の記録も残せてとても素敵なカードになること間違いなしです。

タブレットやデジカメを使って即席カード

家や、コンビニのプリンターをつかって写真で即席のバレンタインデーのカードをつくってみましょう。

今テンプレートがいろいろあるので、それらでフレームを利用し、子供の写真を撮るといいですね。

子どもに協力してもらうのは、写真にどんなメッセージを入れるかという部分で、子どもの言葉をママがお手伝いしてデジタルカメラやタブレットで文字入れすること。

そして次に大事なのがポーズ。

子どもに手で何かをにぎっているような、あるいはとどけているようなポーズを取ってもらい、写真を撮影しましょう。

プリンターでプリントをしたあとに、握って差し出しているポーズの場合は、棒付きのキャンディーをそこにボンドではりつけましょう。

まるで子どもがさしだしているかのようなメッセージカードになります。

一口サイズの小さなチョコレートをラップにつつみ、手のひらに載せるようなポーズなどアイデア次第でカードは色々つくることができます。

アイデアは無限大!

まだ小さなお子さんだって、あなたのアイデア次第では、パパにハートを届けることができるのです。

いろいろ考えて、素敵なバレンタインカードを作ってくださいね。

きっとパパだって一生忘れられないバレンタインになるはずですよ。