離れて何が得られるのか?!恋愛で距離を置くことが大事だとされる理由とは?

恋人と喧嘩して、でも別れたくないときに「距離を置こう」となる場合は多いです。

しかし、この距離を置く期間って、実は恋愛においてとても大切なことなのです。

ただ会わない、連絡しないという意味だけではなく、彼女とのマンネリ化防止にも効果的なのですよ。

そこで今回は、なぜ距離を置くことが大切なのかご紹介します。

当たり前の感覚を見直すことができる

付き合っている期間が長くなればなるほど、彼女の存在が当たり前という感覚を持ってしまいます。

付き合って間もない頃は、付き合えただけで喜びを感じたり相手に気を遣ったりと、彼女の存在を大切に思っていたはずです。

ところが徐々に慣れが生じ始めて、恋愛していることが当たり前になってしまい、存在の価値が分からなくなってしまう。

こういった自分の意識の違いを変えるという理由で、恋愛では「距離を置く」ということが大事なケースもあるのです。

喧嘩が増えてしまったり、彼女のことをイライラしてしまうのは、当たり前の感覚がどこかにあり、彼女を大切に思えていない証拠。

一度、付き合った当初の頃を思い出す為にも、距離を置いて感覚を見直すことが大事になるのです。

感情的にならず冷静でいるために

一緒にいる時間が多いと、価値観のズレが起こったり、相手に怒りを感じたりしてしまうことは仕方のないことです。

共有する時間が多くなれば、見なくて良い部分や見たくなかった部分も見えてしまう為、喧嘩と発展してしまう機会も多くなります。

ただ、この喧嘩をする際に、思ってもないことを言ってしまったり、あるいは強がりから暴言を吐いてしまったりと後悔してしまう発言をする男性もいます。

「こんなはずじゃなかった」「今のは傷つけたかな」と後悔しても、素直に謝れずに誤解を大きくしてしまうことも多いでしょう。

感情的になって自分が後悔した発言や行動をしない為にも、恋愛では距離を置く必要がある理由。

感情的になることで彼女との距離を広げてしまうのなら、距離を置いて冷静さを取り戻してみると良いでしょう。

お互いの気持ちの再確認のために

付き合っている期間が長いと、相手への気持ちが「好き」ではなく「情」になっていることもあります。