モテる男性ホルモン「テストステロン」を2分で分泌する方法

モテホルモンとも言われている、テストステロンを知っていますか?

このホルモンは男性ホルモンでもあり、自信を呼び起こさせたり、明るく前向きにさせてくれたりします。

モテる男はこのホルモンの分泌量が多いとされていますが、今回はこれをたった2分で分泌する方法を教えます。

道具とかは何もいらないので超お手軽ですよ。

テストステロンとは何か?

難しい話しはせずに簡単に説明すると、テストステロンはモテホルモンで、男らしさのフェロモンを放出してくれます。

そして、女性が本能的にこのホルモンに惹きつけられるため、モテる男ほどこのテストステロンの分泌量が多いことが分かっています。

実際に、マウスを使った実験でもその結果は証明されています。

メスのマウスがたくさんいる中に、オスのマウスを2匹入れます。

1匹はそのまま、もう1匹にはテストステロンの注射を打ちます。

この結果、どうなったかというと、テストステロンの注射を打ち込まれたほうのマウスに大量のメスが群がり、もう一方のオスにはメスが全然寄り付いていないという実験結果が得られたのです!

このように、テストステロンは動物的な本能を刺激するので、かなり強力なホルモンだといえます。

テストステロンの効果

テストステロンの量が増えるとどうなるかというと、顔や体つきが男らしく変化していきます。

男性ホルモンですからね。

そして、性格的にも自信が溢れてきて好戦的になることも分かっています。

テストステロンを出す方法については後で書きますが、スポーツ選手がモテる理由もこれが関係しています。

また、面接やプレゼンの場面でも、テストステロンが溢れている男性は高評価を与えることができ、自信がありそう、活気がありそう、仕事ができそうなどという評価をされやすくなるということがアメリカの実験でも分かっています。

2分でテストステロンを出す方法

テストステロンを出す方法は超簡単です。

道具もお金もかかりません。

やることは、ボクシングの試合の勝者がやるように、足を肩幅に広げて、両手を大きく広げ、体全体で上を見上げるようなポーズを取ります。

要するに、強そうなポーズとか、自信がありそうなポーズを取るのです。

これを2分間。

たったこれだけでテストステロンの量が激的に増えます。

テストステロンは体を動かすことによって分泌量が増えるため、先ほど書いたスポーツ選手もこれによってモテるのです。

スポーツしている人ってなんか輝いて見えたり、さわやかに見えたりしますよね。

このポーズを取ることによって、即効で自信が湧いてきますので、告白前はもちろん、仕事の大事な場面の前にも使えるでしょう。

緊張を解いてリラックスさせてくれる効果もあるので、外出時なんかはトイレの個室でやってみたりと、いろんな場面で使ってみてください。